ニキビでも使える日焼け止めの選び方

ニキビによくないことってたくさんあって、イヤになってしまいますね。

けれどきちんと対策することで、ニキビを防いだりニキビが悪化しないようにできるので、何がダメで何がいいのかをきちんと見分けることが大切となってきます。

ここでは、ニキビ肌でも使えるUVケアアイテムの選び方をご紹介!

SPFとPAとは何か

UVケアアイテムを買う時に、ラベルにSPFとPAの数値が書かれているのを目にした人は多いでしょう。

このSPFとPAの数値は、大きくなるほど日焼け止め効果が高まります。

まずはSPFを知りましょう!

SPFは、何も塗らない場合の何倍の日焼け止め効果がどれくらいなのかを数値で示しています。

例をあげると、「SPF50」なら何も塗らない状態から見て、日焼けするまで50倍の時間遅らせることができるということ。

一方、PAはA波への防止効果の強さを示しています。こちらは数値ではなく、+の数で示しています。

  • PA+   防止効果あり。
  • PA++  防止効果がかなりあり。
  • PA+++  防止効果が非常にあり。
  • PA++++ 防止効果が最高に高い。

最後のPA++++は最近設定され、以前はPA+++まででした。

でも数値などで示されても、どれくらいを目安にしたらいいかわかりにくいですよね。これは、自分の生活スタイルや用途を考えて選ぶといいです。

例えば、日常生活ならだいたいSPF30PA++くらいで十分とも言われています。

ちょっと買い物に行くとか、通学、通勤程度はSPF30くらいを目安にするといいでしょう。

夏に海や山のレジャーに行く時は、SPF50のPA+++以上がいいと言われています。

ただ、SPFもPAも数値が高くなるほど肌に負担がかかると言われているので、普段から数値の高いものを使うと肌が疲れてしまいます。

普段はSPF30PA++くらいのものを使うといいですね。

ニキビ肌でも使えるUVケアアイテムの選び方は?

ニキビができている場合、なるべく肌にやさしいUVケアアイテムを使いたいものですね。

ニキビ肌専用のUVケアアイテムも発売されていますが、数が少なく高いものも少なくありません。ニキビ肌専用のアイテムを使うのがベストですが、以下の点を注意すれば市販品でも使えるアイテムは見つけられます。

まずオイルフリーであること。

皮脂でギトギトになりやすいニキビ肌には、オイルフリー処方のUVケアアイテムがベストです。

酸化しにくいので炎症が起こりにくいです。

次に、洗顔料で落とせること。

普段使い用のUVケアアイテムなら、洗顔料だけで落とせるタイプの日焼け止めがおすすめです。

クレンジングが必要なほど強い日焼け止めは肌の負担になりがちだし、肌に残ったらニキビが悪化する恐れがあるからです。

そして紫外線吸収剤フリーであること。

紫外線吸収剤は肌に刺激を感じやすい成分です。

安い日焼け止めによく使用されており、私もこの成分のせいで肌あれしたりヒリヒリしたりしたことがありました。

肌が弱い人はもちろん、ニキビ肌の人にも紫外線吸収剤が使われていないアイテムを使うようにしましょう。

では何がいいかというと、紫外線散乱剤配合のUVケアアイテムがおすすめです。

紫外線散乱剤は、「酸化チタン」とか「酸化亜鉛」が代表です。

もちろん肌に合う、合わないはあるので、外出する日にいきなり使うのではなく、家で試してから本格的に使うようにすると肌トラブルを防げます。

塗り方にも注意!

日焼け止めさえ塗れば安心!と思いがちですが、最近のUVケアアイテムは伸びがよくてさらっとした使い心地のいいものが増えています。

そのため、さっと塗りやすい反面伸びがいいため塗る量が少ない人が多いそうです。

正しい塗り方は、2度塗りすること。1度にたくさんつけるのではなく、2度塗りすることで塗り残しも防げるし均等に塗ることができます。

また汗で流れたりするので、数時間おきに塗り直すことも大切。

夏はUVケアアイテムだけに頼るのではなく、帽子をかぶったり日傘を利用したりして、なるべく直射日光を浴びないようにして肌の負担を減らしたいですね。

そして夜はやさしく日焼け止めを落とし、薬剤が肌に残らないようにしましょう。

UVケアアイテムでひどい目にあったこと

ニキビにとって紫外線は大敵であることを書いてきました。

ニキビにだけでなく、肌にも悪い影響を与えてしまう紫外線は、日常的に防ぐようにしたいですね。

最近はオゾン層が薄くなっているため、紫外線の中で最も有害と言われているC波も怖いです。
(すでに地上に到達しているとかいう話もありますね)

紫外線による皮膚がんも気になります。美容だけでなく、健康面でも紫外線を防いでいきたいですね。

ニキビ肌のUVアイテム選びは難しい?

日焼け止めを使ったら、もっとニキビがひどくなってしまった、という人は結構多いです。

私も、ニキビができているからあんまり日焼け止めを使いたくないな~とよく思ったものです。

日焼けしたくない、ニキビを悪化させたくないからUVケアアイテムを使うのに、逆にニキビが悪化したら本末転倒。

特に、アウトドア向けの強いUVケアアイテムは、ウォータープルーフで多少の汗や水では落ちにくい処方になっていますよね。

でもこうした強いUVケアアイテムは、ニキビ肌じゃなくても肌の負担がかかることが多い傾向があります。

UVケアアイテムで顔が腫れあがった経験

海やプールでの遊びが楽しい夏。

だけど夏は日差しが一番強い時期でもありますね。そこで、水で落ちない強めのUVケアアイテムを使うわけですが、これがクセモノでした。

UVケアアイテムって値段もピンキリですね。安ければ数百円、高くて3千円くらいするものまでいろいろあります。

学生の場合、UVケアアイテムに3千円なんてとても出せません。

というわけで、海もOKのウォータープルーフのUVケアアイテムを買いました。

値段は当時500円もしなかったと思います。安いのに、顔にも使えるというのがポイントでしたね。

海に着いて、さっそくその日焼け止めを塗り始めたんですが、なんだかツーンとする匂いと安っぽい香料が混じってあまり好きな匂いではありませんでした。

肌に伸ばしてしばらくすると、だんだん顔だけがヒリヒリするようになりました。

日差しは強く、肌をジリジリ焼くようでした。

本当はヒリヒリしているので塗り直すのがいやだったけれど、塗り直すように書いてあったので何度か塗り直しました。

翌日、体は少し日焼けした程度ですみましたが、顔は日焼け止めを塗ったにもかかわらず真っ赤に。もうニキビどころではなく、目まで腫れてしまいとても人前に出れる状態ではなかったです。

ヒリヒリした時点で、その日焼け止めは合っていなかったんですね。止めておけばよかったです。

ほてりを鎮めるために保冷剤

20代になってから皮膚科で軽い日光アレルギーがあることを言われました。

しかしその以前は、日光アレルギーという存在自体も知らず、ただひたすら濡らしたタオルに保冷剤を入れて顔を冷やしていました。

肌がほてるような感覚があったので、とにかく冷やしたかったんです。

冷やしまくってから翌朝、少し腫れは引きましたがまだ腫れているので外出できないと思いました。

使っていたUVケアアイテムはすぐ捨てましたね。もう怖くて使えません。

冷やしたのがよかったのか、若かったからか回復は早く、4日目ごろには腫れはほとんど引きました。

ただ、肌荒れがひどくてザラザラ感があり、ニキビは増えなかったものの状態はよくありませんでした。

合わないUVケアアイテムは使用をやめよう

ニキビがある、なしに関係なく、合わないUVケアアイテムはすぐ使用を中止しましょう。

日焼けしたくない!と思うかもしれませんが、肌あれと日焼けのどちらを選ぶかといったら日焼けの方がマシかもしれません。

私の場合は、日光アレルギーがあるので日焼けを選ぶのも辛いものがあります。そうなったら、もう日蔭に行くか帽子や服で紫外線から防御するしかないと思います。

合わないUVケアアイテムを使うことで、ニキビがさらに悪化したりニキビが増えることもあります。

UVケアアイテムを使うなら、使う前にどの商品を選ぶのかよく考えた方がいいですね。

ニキビ肌におすすめのUVケアアイテムはこれ!

ニキビ肌だから、あまり余計なものを肌につけたくない!と思う人は多いものです。

私も、ニキビができている時は顔が痛いこともあり、あまり刺激したくないのでメイクもほとんどしないことがありました。

けれど、外出する場合は紫外線も怖いです。

紫外線の影響でニキビが悪化することもあるので、なるべく低刺激の日焼け止めはつけた方がいいです。

UVケアアイテムはどれがいい?

ニキビ肌のUVケアアイテム選びは、肌にやさしい日焼け止めを使いたいですね。

ニキビが増えやすいオイルをカットしたものや、紫外線吸収剤を使っていないものを選ぶようにしましょう。

ニキビ肌、敏感肌の人の間で人気のUVケアアイテムといえば、まず「ノブ」が有名ですね。

ノブのいいところは、紫外線吸収剤を使っておらず、ノンコメドジェニックテスト済みであること。

ノンコメドジェニックとは、コメド(角質)を増やさない、悪化させないこと。皮脂分泌を促進させないので、ニキビ肌の人にはおすすめです。

個人的にいいなと思ったのが、ノブのほとんどの商品は洗顔料で落とせることです。

クレンジングがいらないので肌の負担が少なくて済むのはうれしいですね。

アレコレ使いたくない時に便利なのがBBクリーム!

UVケアにメイクに、といろいろ塗りたくるのって肌に負担になってしまうからなるべく避けたいと思ったことはありませんか?

そんな時に便利なのが、BBクリーム。

一時期すごく流行って、今や定番商品になりましたね。

BBクリームは、化粧下地や日焼け止め、ファンデーションなどの機能がオールインワンになっているから、アレコレつけなくていいという優れもの。

BBクリームはもともと肌に傷などがある人向けに作られており、きれいに肌の欠点を隠しながら肌の調子を整えてくれる効果があります。

今はいろんなメーカーから出ているので、使ったことがある人も多いですね。

ニキビ肌や肌が敏感な人も使えるBBクリームというと、「アヤナスASBBクリーム」が口コミでも好評です。

日焼け止め効果ももちろんあるし、紫外線吸収剤フリーなのでお肌にもやさしい。

また、肌のバリア機能を強化してくれる効果も期待できるので、ニキビ肌にはうれしいですね。

あと桜花媛の「ナチュラルBBクリーム」もよさそうです。

BBクリームというと、しっかりカバー力があるものの重たく見えがち。

この桜花媛のナチュラルBBクリームは軽い付け心地で厚塗りにならないところが人気です。

そして個人的にいいなと思ったのが、カラーが4色あること。

BBクリームってよくて2色くらいしか展開していないことが多いです。

カラーが合わないことってよくあるんですよね。カラーが合わないと、厚塗りに見えたり不自然だからなるべく避けたいところです。

桜花媛のナチュラルBBクリームは、日本人の肌質や色に合っているのでナチュラルに見せてくれます。

もちろんUVカット効果はSPF30 PA+++なので、日常使いにはぴったりです。

私が使っているアイテムをご紹介!

私が普段愛用しているのは、オルビスの「サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティ」のクリームタイプの方。

紫外線吸収剤フリー、オイルフリーでよく伸び、少しですが色が付きます。ほとんどノーメイク風の色なので、ファンデと合わせてもOK。

これもノンコメドジェニックテスト済みの商品です。

これで荒れたこともないし、洗顔料で落とせるからメイクしない日は助かっています。
(同商品のライトローションタイプはクレンジングが必要です)

旧製品の時から何度もリピしているんですが、購入する時にサンプルもあるので試してみることも可能です。

ニキビができている時は、いくら口コミでいい商品でも合わないことも少なくありません。使用する前に、サンプルがあるならまずはサンプルで試してみるといいですね。

ニキビ肌や敏感肌用のUVケアアイテムは安くないことも多いので、失敗したくないものです。

自分に合ったUVケアアイテムを使い、ニキビを悪化させないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP