思春期のニキビケアはシンプル!すぐできる対策や化粧水や薬による治し方

ニキビができ始める思春期のお肌といえば、オイリーでテカテカしやすい傾向がありますね。

女子の場合、テカっているとファンデーションが浮いたりよれたりするので、テカリを急いで脂取り紙で取る人も多いです。

「テカリはカッコ悪い=全部取りたい!」と思い込んでいる人もいるようで、皮脂を強力に取る洗顔料を使う人もいます。

私の友人に、ニキビが顔全体にできていた人がいました。

彼女はいろんな洗顔料を試していましたが、一向にニキビは減らずテカリをいつも抑えていました。

そしてついに、お兄さんの使っている男性用のさっぱりタイプの洗顔料まで試すようになっていました。

テカリは取れたけれど、今度は乾燥するようになって肌が痛いとこぼしていたことを覚えています。

皮脂と成長ホルモンの関係

思春期は成長ホルモンがたくさん分泌される時期です。

成長ホルモンは、身長を伸ばしたり体格を大きくして男子なら男性らしく、女子なら女性らしい体つきを作っていきます。

男性の場合は、この時にヒゲが生えはじめ、女性は胸を大きくしたり体つきに丸みがでてきます。

成長ホルモンはなくてはならないものですが、ニキビにはよくない効果があります。

成長ホルモンは皮脂とも関係しており、成長ホルモンの影響でたくさんの皮脂を出す傾向があるんですね。

皮脂がたくさん出れば、肌がテカテカするだけでなくニキビができやすくなります。

男性ホルモンが皮脂を増やす?

男性ホルモンは、男性だけのものではありません。

女性にも男性ホルモンは作られるし、逆に男性も女性ホルモンを持っています。

もちろん、女性は男性ホルモンが優位になることはありませんが、男性ホルモンが増えることで皮脂が増えるため侮れない存在です。

思春期ニキビは、皮脂がでやすいTゾーンを中心に顔全体に広がりやすい傾向があります。

もしフェイスラインやあご、鼻下などを中心にニキビができる体質なら、ホルモンバランスがかなり不安定になっている可能性が高まります。

ニキビができやすいだけでなく、生理不順や生理前後にひどくお腹が痛くなるなどの症状がありませんか?

この場合は、皮膚科よりも婦人科で相談した方が早くニキビが治るかもしれないですね。

皮脂は取り過ぎも取らなすぎもよくない?

前に書いた私の友人のように、

ニキビができる

市販の皮脂を取るさっぱりタイプの洗顔料を使う

もっと皮脂が出る

ニキビが増える

男性用のさっぱりタイプの洗顔料に手を出す

肌がつっぱり痛む…

このように、皮脂をどんどん作り出すサイクルにはまってしまう人は結構いるそうです。

私もここまでひどくないですが、思春期の頃はニキビができたら洗顔を頑張りすぎてしまい、なかなかニキビが治らないことがありました。

洗顔料だけの問題ではなく、1日に何度も洗顔をしたりゴシゴシ洗ったりすることで、ギトギトする皮脂を取ろうとしていたんですね。

もちろん皮脂が多く分泌されるために毛穴が対応できず、ニキビができるわけなので余計な皮脂を取り除くことは大切です。

しかし皮脂を取りすぎると、肌を守るために皮脂をもっと出そうと肌ががんばってしまいます!

洗顔は、皮脂を取りすぎないことと、肌を保湿し清潔に保てる洗顔料を使うことが大切です。

思春期ニキビは触りすぎないことが大切!

ニキビに対する知識がないと、ついつい、

「さっぱりタイプの洗顔料でガンガン洗えばいい」

「ニキビの芯をとりあえず取れば治るはず!」

と思いがちです。実際は、思春期のニキビは「気にしすぎ」による過保護なケアが一番よくないとも言われています

外見が一番気になる時期なので、何とか早くニキビを治したくなるものですが、気にすることでストレスが溜まり、ストレスが男性ホルモンを刺激して皮脂を増やしてしまうというデメリットもあります。

思春期のニキビは、正しいケアをシンプルにやること、ニキビをむやみに触らないことが意外と大切なんです。

思春期ニキビは間違った洗顔方法で悪化してしまう!

思春期ニキビがある場合、ギトギト感を取りたかったりニキビの中の皮脂をなくしたくてつい市販の超さっぱりタイプの洗顔料を使いたくなりがちですね。

ドラッグストアにはお手頃価格で有名メーカーのものも多くそろっています。だから、あまり疑いもなく使う人も多いです。

でも実際に使ってみたら、思っていたのと違う!とうことはよくありますね。

さっぱりタイプは、確かに脂っぽさは消えます。

でもそれは一時的なことで、皮脂を取られた肌は肌を守るためにもっと皮脂を出そうとしてしまいます。

結果、もっと脂っぽい肌になってしまったり、ニキビが増えてしまうことがあります。

肌のバリア機能まで低下してしまうので、肌が敏感になったりヒリヒリしてしまうことも。

私の友人も、治らないニキビにお兄さんのニキビケア用洗顔料を使って肌荒れがひどくなってしまっていました。

こうならないためには、肌をむやみに刺激しないでニキビケアできる洗顔料を選ぶことが大切です。

では、何がオススメでしょうか?

ファーストクラッシュはケアがすごく簡単で早い!

今回は、思春期ニキビケアで大人気の「ファーストクラッシュ」をピックアップします!

ファーストクラッシュの特徴としてまずあげたいのが、洗顔料だけのケアでいいこと

ニキビケアアイテムって、洗顔料とローション、あとクリームとか乳液などのライン使いをおすすめするものが多いです。

ニキビに乾燥は大敵ですが、ローションやクリームをあれこれ使っていると結構費用がかさんでしまいますよね。10代ならあまりスキンケアにお金をかけたくないですし。

でもファーストクラッシュは、洗顔料だけであとのケアをしなくてもつっぱりません。一応、クリームもありますが、10代のお肌なら洗顔料だけでも十分なのだとか。

洗顔だけでいいから、例えば忙しい朝も顔を洗うだけでニキビケアはお終いなんです。

だから、ローションなどつけない男子にも受けているんですよ。

泡立たない、泡立てないから早い!

普通の洗顔料は、しっかり泡立てて泡でやさしく洗うのが洗顔の基本ですよね。

でもファーストクラッシュは泡立ての必要がありません。

じかに顔に塗ってやさしくマッサージするように肌に伸ばしていきます。あとはすすぐだけなので、とても簡単。

普通のニキビケア洗顔料は、洗顔後はつっぱるものも少なくありません。

でもファーストクラッシュは、つっぱらずしかもしっとりした肌になれると評判です。

洗顔したらそのままでOK

洗顔後の肌ケアがいらないから、すぐ学校や会社へGO!

(ただし日焼け止めは塗った方がいいですね)

乾燥肌の人は、同じラインのスムースクリームを使う方法もあります。

スムースクリームは初回特典としてついてくるので、試してみて必要ないなら購入する必要もないです。

ニキビケアアイテムとしては安くない?

ファーストクラッシュは通販のみの販売です。

気軽にお店で買ったり試したりできないのはネックだし、お値段も安くありません。

ちなみに、トライアルは30日分で4千円くらいします!ちょっと考えてしまいますよね。

でも大丈夫です。トライアルは返金保証があります。

たとえ全部使い切っても、30日間は返金保証対象となっているので、効果が実感できるまでじっくり試すことができます

気に入らなかったり、肌に合わなかったら返金してもらえるから安心ですね。

ファーストクラッシュのデメリットってある?

敏感肌の人でも使えますが、やはり合う合わないは使ってみないとわからないですよね。多くの人がいい!という商品も、肌質に合わないこともあります。

ファーストクラッシュは、どちらかというと乾燥肌の人にはあまり好評ではないようです。10代から20代前半のニキビ肌を対象としているので、20代後半以降のアダルトニキビ肌の人にも向かないです。

余計な成分が入っておらず、天然成分で肌をやさしく洗い上げるファーストクラッシュ。

返金保証があるので、まずは一度お試ししてみる価値あると思いますよ。

思春期のニキビ洗顔にノンエー

思春期のニキビケアでは、ノンエー(Non.A)も人気がありますね。

ノンエーは固形石けんなんですが、皮脂を落としつつ皮脂が過剰に出ないようにコントロールしてくれる成分を含んでいるのだとか。

ニキビの基本は正しい洗顔が大切ですが、ノンエーはたっぷりのきめ細かい泡がしっかり皮脂を取り去る役割を果たしてくれる洗顔料とのこと。

今回はこのノンエーについて、深く掘り下げてみることにしました!

ノンエーは初期のニキビに効果があるらしい

ノンエーの特徴は、泡が毛穴の中で残っている角質や汚れを取り去る力が強いこと。

そのため、ノンエーではよ~く泡立てることを推奨しています。この泡は、付属の洗顔ネットでしっかり泡立てるともちもちの弾力感の強い泡になるのだとか。

ニキビケアの基本は洗顔です。

やさしく泡でマッサージするように洗うことで、肌はスッキリするだけでなく肌の負担もかかりません。

皮脂を取り去る力が強いとなると、肌に悪そうなイメージを持ってしまいますが、ノンエーは余計な成分が入っておらず無添加なので、肌が弱い人でも使えるのだそうです。

ノンエーの気になる成分は?

肌が敏感な人は、配合されている成分を気にされる人も多いでしょう。

中には無添加コスメしか使わない!という方もいると思います。

ノンエーはその点は安心して使えますね。

まず、添加物です。

肌や体に悪影響を及ぼす表示指定成分を使用していません。アレルギーの人も安心して使えます。

配合されているのは、まずローヤルゼリー。アミノ酸をはじめとした栄養素がたっぷり含まれており、肌の健康を促進してくれます。

次にヒアルロン酸。

美容成分としては超メジャーなヒアルロン酸もたっぷり入っています。

ニキビは肌の乾燥も怖いですが、保湿成分であるヒアルロン酸入りなので、洗顔後はしっとりした肌が期待できそう!

そしてリピジュア。

リピジュアは涙や細胞膜の成分をもとに開発された美容成分です。

肌の潤いをキープできる効果があるそうです。

そしてダイズエキス。

皮脂がたくさん出すぎないように、皮脂のコントロール効果が期待できるのだとか。

皮脂が出すぎないなら、ニキビになりにくいですからね!

ただきれいに洗いっぱなしではないので、洗顔後は肌のしっとり感を実感できるというのはうれしいですね。

ノンエーの使い方は?

ノンエーは洗顔石けんなので、いつものように洗顔すればOKです。

ただし、きちんと付属の洗顔ネットでしっかり泡立てることを守りましょう。

せっかくニキビにいい石けんを使っても、使い方が間違っていると効果がなくなってしまいます!

泡立てるのはメンドクサイ、という人もいるかもしれませんが、ネットを使えばそんなに時間はかからないので必ず使うようにしましょう。そしてたっぷりの泡で洗顔した後は、よく洗い流すことも忘れずに。

ノンエーの気になる値段は?

ノンエーは通販限定商品なので、やはり買う時に迷う人が多いと思います。

値段も3千円近いので、決して安くないですよね。

でも初回なら全額返金保証がついているから、満足できなくても安心なんです。

返金保証があれば、気軽に試しやすいというものですね。

初回は、お試しサイズが一緒についてくるのでそれを使ってまず様子を見ることができます。

また、気に入った場合はお得な3個セットや定期購入をするともっと安く購入することもできます。

ノンエーの口コミの評判は?

人気のノンエーですが、口コミではすっきりするのにつっぱらないところが人気ですね。

ただ使用感は個人差が大きくて、ノンエーでもつっぱるという人も。

あとは、初回購入は送料が540円別にかかってしまうところはデメリットに感じている人が多いみたいです。

白ニキビに効果があったという声も多いので、できたてのニキビには効果がありそうだなと思いました。それと無添加で余計な匂いがないというのもいいですね。

返金保証もあるので、まずは試してみる価値はあると思います。

思春期のニキビにもおすすめ!ビーグレン

もともと皮脂量が多く、ニキビができやすい10代思春期

なんとかニキビが治ってほっとしたと思ったら、またニキビができてガッカリ、なんてこともザラにありますね。

また、いろいろニキビケアを頑張っているのに、なかなかニキビが治らなかったり、ニキビが悪化しやすい肌の人もいます。

こうしたしつこいニキビ肌の人に好評なのが、「ビーグレン」シリーズ。

重症なニキビにこそ、ビーグレンがいいという噂を聞いて、ビーグレンをさっそく調べてみました。

10代も使える!大人ニキビ対応のビーグレン

ビーグレンはもともと大人ニキビのためのニキビケアアイテムなんですが、皮脂がたくさん出る10代も多くの人が愛用しているそうです。

なぜかというと、効き目が強いから。

しっかりニキビの原因になってしまう余分な皮脂や角栓、汚れを吸着して取り除いてくれます。

でも効き目が強いなら肌に負担がかかってしまうんでは?と疑問を持つ人もいるでしょう。

ビーグレンは、大人ニキビのためのスキンケアです。10代よりも20代以降の肌は水分が加齢とともに減る傾向があります。

つまり、10代よりも肌がデリケートなんですね。

そんな大人肌のニキビケアは、肌の潤いや水分を奪いすぎないことが大切。

こうした設計をして生まれたビーグレンだから、やさしい洗い上がりなのだそうです。

10代、20代にかかわらず、肌に負担をかけることなくニキビケアできるのがビーグレンの特徴といえます。

ビーグレンのニキビケアは洗顔、ローション、美容液、ゲルの4ステップ

ビーグレンはニキビケアとして洗顔、ローション、美容液、ゲルの4ステップでのケアを推奨しています。

まず洗顔は、汚れだけを吸着する天然クレイのモンモリロナイトを使用。

潤いはそのままに、皮脂や汚れなど不要なものだけを取り去るから、肌がすっきりするのに潤いを逃しません。

スクワランやヒアルロン酸も配合されているので、潤いと水分を保つことができます。

消炎効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムの配合されたローションでお手入れ。ニキビで炎症している肌をやさしくいたわってくれそうですね。

次に美容液のCセラムです。高濃度のビタミンCが配合されています。

ニキビによる肌トラブルを解消してくれるビタミンCをたっぷり補給でき、しかも吸収力が強いのが特徴。

ニキビ跡のケアにもよさそうですね!

最後はモイスチャーゲルで乾燥対策して完了!

ニキビの乾燥を防ぎ、潤いをキープしてくれます。

思春期は洗顔料だけでいい?

思春期ニキビだから、洗顔料のクレイウォッシュだけが欲しいという人もいると思います。

ビーグレンを使った人によると、10代ならライン使いすると高いからクレイウォッシュだけでいいのでは?という意見もありました。

10代で4ステップの肌ケアって面倒に思う人も多いですからね。

ただクレイウォッシュをいきなり注文する前に、トライアルセットをまずはおすすめしたいです。クレイウォッシュは1本3500円くらいします。

それに対し、トライアルセットは4ステップのサンプル付きで1700円くらい。

洗顔料以外いらないと思っている人も、意外と肌が乾燥していることに気づいていない人も少なくないです!

よく言われるインナードライ肌が原因でニキビができている可能性もありますよ。

まずは使い心地をチェックしてみてから、洗顔料だけを単品注文しても遅くないです。

安心の返金保証付き!

ビーグレンも、肌に合わなかったり効果が実感できなかった人を対象として返金保証しています。

注文してから365日間有効なので、たっぷり試したあとでもOK。

ニキビケアアイテムはまずは使ってみないと合うかどうかわかりません。

返金保証がある商品なら、もし合わなくても返品・返金できるから安心です。

やはり品質のしっかりしたものの方が、ニキビケアであとで泣くことも少ないので試してみる価値ありますよ。

個人的おすすめ!思春期のニキビ肌に薬用スキンコンディショナー エッセンシャル

ニキビケア用の化粧品ってとっても多くてどれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

私も、ニキビができた時や肌が荒れた時、コスメを切り替えたいと思っていろいろ試したことがあります。

でも結局、前使っていたものに戻ったりすることが多かったですね。

そんな中、これはなかなかいいかも!と思ったのが、アルビオンの「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル 」です。

これは昔からあるロングセラーコスメなんですが、リピーターが多いみたいですね。

薬用でハトムギエキス配合のローションなんですが、肌を鎮静化してくれて使い心地がとてもいいんです。

薬用スキンコンディショナー エッセンシャルは、アットコスメでベストコスメ賞を受賞したこともある人気商品なんですよ。

薬局でも一押しだった

最初にこの薬用スキンコンディショナー エッセンシャル(愛用者は「スキコン」と呼んでいます)を知ったのは、ニキビに悩んでいた友人の発言でした。

このスキコンを使うようになったら、だいぶ肌が落ち着いてくるようになったと話していました。

その友人は、お母さんからの勧めだったそうです。

でもそのころの私はそれほどニキビに悩んでおらず、ふーんそうなんだ、という感じでした。

その後、ニキビをはじめとした肌荒れに悩んだ時にショッピングセンターに入っている薬局に立ち寄りました。

そこでは化粧品も売っており、見ていたら話しかけられてニキビなどの肌荒れを起こしていることを言ったら、スキコンを勧められたんです。

使い心地がいい!

このスキコンはニキビ肌の人におすすめです。

まず使い心地がとてもいいんです。

肌に乗せると、少しスーっとした清涼感があります。

ハトムギエキス配合ということで、肌の炎症を抑えて鎮静化してくれる作用が期待できるのだとか。

ニキビに炎症があると、肌がほてることがありますが、そんな時もスキコンをつけるとひんやりしてとても気持ちよかったですね。

香りはちょっと独特(さっぱりしていて甘ったるくない匂い)なので、賛否両論あるみたいですが、私は好きな香りでした。

スキコンを使うようになって、ニキビもできにくくなり肌のガサガサがかなり改善されました。

スキコンの気になる成分は?

まずハトムギエキスは、肌荒れを穏やかに鎮静させてくれます。

炎症しやすいニキビ肌にはぴったりですよ。

他にニキビにうれしい効果があるのは、マロニエエキス。肌を引き締めたり抗酸化力があり、肌を殺菌してくれる効果も期待できます。

肌に付けた後は、肌がみずみずしく潤うところもお気に入りでした。

20代半ばまで愛用していました

使い心地がよくて肌も荒れにくくなったので、6~7年は愛用していたでしょうか。

使うのをやめた理由は、少し保湿力に物足りなさを感じたからです。ちょうと大人肌になる時期だったので、要するに年齢のせいですね。

それまでは、夏はスキコンをつけるだけで十分でした。

でもだんだん夏でもスキコンだけでは追いつかなくなり、仕方なく他のコスメに切り替えたんです。

商品自体には悪いところはないので、保湿を強化したしっとりタイプが出たら、また使いたいですね。

スキコンのデメリット

スキコンは10代から20代前半までのニキビ肌の人にはおすすめしたい商品です。

ただ、値段はやや高いですね。

最少サイズの100mlで3500円越え。

ローションはたっぷりつけた方が効果的ですが、お高いのでなかなかバシャバシャつけるのは厳しいところがあります。

サイズは他に、165ml、330mlがあります。

私は一番大きい330mlを使っていました。たっぷり使えるし、少し割安だからです。

当時は330mlで8000円くらいだったでしょうか?割安とはいえ、それでも安くはないお値段です。

値段以外のデメリットは、スキコンは消炎作用があってニキビにはいいですが、やや保湿力が弱いところです。乾燥肌の人のニキビケアには向かないかもしれません。

とはいえ、ロングセラー商品でリピーターも多く、品質の点では文句なしです。オイリー肌から普通肌の10代ニキビ肌なら、一度は使ってみて欲しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP