ドクターシーラボのBBミネラルパウダー

ヤーマンのオンリーミネラルファンデーションを使ってみて、結構よかったので他のミネラルファンデにも興味が出てきました。

それでいろいろ見ていたら、ドクターシーラボからミネラルパウダーが出ていることを知りました。

ファンデーションではなく、フェイスパウダーなのでより肌には軽く、負担がなさそうに思えました。

それにドクターズコスメのドクターシーラボ、という堅実なイメージを持っていたので試しに注文してみたんです。

BBクリームのあとに使うBBミネラルパウダー

ちょうどBBクリームが流行っていた時期で、ドクターシーラボからもBBクリームがいろいろ出ていました。

でも私はあまりBBクリームには興味がなかったので、単品でBBミネラルパウダーだけを買うことにしました。

このBBミネラルパウダーは、90%以上がミネラル成分というもので添加物は入っています。ただ、保湿のためのコラーゲンやヒアルロン酸、EGF、ビタミン、アミノ酸などの美容成分も入っていたので魅かれましたね。

油分カット、紫外線吸収剤なしというのもよさそうだと思いました。

何気にSPF20 PA++だったので、ちょっと外に出る時にさっと塗れば日焼け止め代わりにもなりそうです。

カラーは3色!

オンリーミネラルは18色展開でしたが、こちらは3色のみでした。

まあフェイスパウダーでありファンデではないので十分です。

私はナチュラル1の色白用をチョイスしました。

思っていたよりマットな仕上がり

使い方は、オンリーミネラルと同じでブラシにパウダーを少量つけて顔にくるくると伸ばしていきます。BBミネラルパウダーはブラシなどがついていないので、手持ちのものを使用することになります。
(私はオンリーミネラルについていたブラシで代用)

本来はBBクリームの上にフェイスパウダーとして使うものなので、オンリーミネラルと比べるのもおかしいですが、単品使いするとオンリーミネラルよりマット感があります。

普通のパウダーファンデをさっと塗ったくらいの感じで、意外にも薄化粧したように見えました。

保湿成分が入っているとのことですが、つけたては粉っぽい感じです。何故だろう?と思ったら、粒子が粗いせいかもしれないと思いました。

オンリーミネラルがほとんどスッピンのような仕上がりになるのは、粒子がとても細かかったからではないかと。あと気になったのは、やや顔色が悪く見えるところ。

もともとBBクリームのあとにつけるためのパウダーなので、本来の使い方をすればちゃんとキレイに見せてくれるのかもしれません。ただ、口コミなどを読むと「厚塗りに見える」という声が結構ありました。

BBクリームは顔の傷などを目立たなくさせるために開発されたのがはじまりだそうです。

そのため、BBクリームを使えば顔のシミや傷などの欠点は隠しやすいという特徴があります。でも今はナチュラルメイクがトレンドなので、ちょっと時代遅れに見られてしまうかもしれません。

BBミネラルパウダーはアリ?ナシ?

BBミネラルパウダーは単品使いするものではないのでなんとも言えませんが、思っていたより粒子が粗くマットな印象に仕上がることからリピートはしないかも。

特に肌が荒れたりもしませんでしたが、顔色が悪く見えるので私の肌のトーンには合わなかったんだと思います。

ちなみに、ドクターシーラボにはBBミネラルパウダールーセントというのもあります。

ルーセントパウダーの方が色味がつかず、ナチュラルな仕上がりになるので粉っぽさや厚塗り感がいやな場合は、ルーセントの方を選ぶといいかもしれませんね。

ただ、割としっかり肌につくのでメイクをしているようには見えます。

肌が弱い、ニキビがある、という時はメイクでの補正ができるし肌も荒れないので、メイクしなくちゃならないシーンがあるなら「アリ」だと思います。

仕上がりがマットなのが好きな人にもおすすめかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP