乾燥しやすいニキビ肌にはレイチェルワイン

ニキビ肌や敏感肌でも使えるコスメで一押しなのが、ミネラルファンデーション!

私も、刺激がなくて軽い、しかもクレンジングがいらないところが気に入っています。ただ、冬はどうしても粉っぽくなってしまうのが難点。

乾燥した肌に使うと、小じわが目立ってしまうのでスキンケアを強化しなくちゃならないのがメンドクサイ。

いいミネラルファンデがないかな~と思っていろいろ調べていたら、「レイチェル ワイン」というミネラルファンデがなかなかよさそうだったのでいろいろ調べてみました!

アットコスメで2014年度の「パウダーファンデーション部門第1位」

レイチェル ワインのミネラルファンデは、アットコスメのパウダーファンデーション部門で1位になったことがあるのだとか。

ミネラルファンデだけでなく、パウダーファンデの中でも1位になったというのがすごいです。

実際に、アットコスメの口コミを読んでもなかなか好評価。

乾燥しやすい人もこれを使うようになって肌質がアップしたのだとか。

乾燥しやすい人、敏感肌でも使えるらしい!

ミネラルファンデは、肌の負担が少なくて付け心地が軽く、落とすのが簡単なのがメリットです。

ニキビがある肌につけても安心なところもメリットですが、カバー力がなかったり乾燥しやすい、毛穴が目立ってしまうこともあるのが難点。

キレイな仕上がりにするにはコツがあり、ぶきっちょだと難しいかもしれません。

メイクの仕上がりは、やはり普通のファンデーションの方が断然上なので、メイクする楽しみが半減してしまうという点もデメリットでしょう。

で、このレイチェル ワインなんですが、こうしたミネラルファンデのデメリットを解消できるのだそうです!

レイチェルワインは安心の国産

ミネラルファンデの大半が、外国産とも言われています。

レイチェル ワインはもちろん国産。デリケートな日本人の肌に合うように、こだわりを持って作られています。

商品の安全性はキープしたまま、肌への密着度を高めて保湿もしっかり、なのに厚化粧に見えないという一見矛盾したことが実現できたのだとか。

カラー展開は11色

気になるカラー展開は全11色。

オンリーミネラルより少ないですが、混ぜて使うこともできるというのでオリジナルカラーを作ってみるのもいいかもしれません。

使い方は他のパウダーミネラルファンデと一緒

使い方は、他のパウダーミネラルファンデと同じで、ブラシにつけてから肌に乗せてクルクルと付けていきます。

レイチェル ワインも下地なしで直接ファンデをつけられるので、とても軽い仕上がりに。

ちなみに、レイチェル ワインにはパフがついています。

他のミネラルファンデにはパフがついていることがほとんどないので、持ち歩きする時にはいいですね。

口コミの評判は?

しかしどんなに製品が優れていても、実際につけてみたら思っていたのと違う!ということはよくあります。

私も何度も期待ハズレでガッカリした経験があるので、コスメを買う時は慎重になってしまいます。

実際にレイチェル ワインを試した人によると、乾燥に悩んでいた人は粉ふきがなくつけて時間がたつと自然なつやがでるとか、メイク崩れがしにくくなった、という人がチラホラ。

またニキビがあった人もニキビができにくくなり、肌が落ち着いたという声もありました。敏感肌の人にも好評でリピートする人が多いようです。

中でもいいなと思ったのが、粒子が細かくてナチュラルな仕上がりになるということでした。

厚塗りっぽくなるのはイヤなのでよさそうです!

しかもカバー力がそこそこありそうだし、時間がたつと馴染んでつや感も出るというのは冬によさそう。

乾燥しやすい冬になる前に使ってみたいと思います。

パウダーファンデーションの中でも圧倒的人気のレイチェル ワイン。

お値段も一般的なミネラルファンデと同じくらい。試しやすいトライアルもあるので、ミネラルファンデに迷っている人は一度試してみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP