崩れやすいオイリー肌(脂性肌)のメイクのコツ

脂性肌の場合、常に脂ぎっている肌が気になるものですよね。

潤い感のあるテカリ風のメイクは人気急上昇中。ただ、それは頬などの一部だけがパールのようにつやつやして透明感のあるメイクです。

一方の脂性肌の場合は、つやつやを通り越して顔全体がギラギラしがち。ニキビのある脂性肌は、赤みや炎症だけでなく毛穴の開きも気になります。

洗顔をきちんとしても、数時間後にはメイク崩れで顔がベトベト、という人もいるでしょう。

特に夏は汗をかきやすく、通学や通勤途中でメイクが流れてしまうことも。

脂性肌のニキビ対策をしながらメイクを

脂性肌の原因の一つは乾燥。

肌が乾燥することで皮脂がでやすくなってしまうため、乾燥がニキビの原因にもなってしまいます。メイク前にはしっかり乾燥対策をしておく必要がありますね。

洗顔後はしっかりとローションで保湿するようにしましょう。

時間があるなら、シートマスクにローションをつけてパックしてからメイクすると、みずみずしい肌をキープできるだけでなく、肌を冷やして皮脂の分泌を抑えてくれます。

夏なら、冷蔵庫でローションを冷やしておくと肌の引き締め効果もアップ!

冷たいローションは気持ちよく、目もシャキっと目覚めますよ。また、消炎効果やビタミンC誘導体入りのローションを使えば、ニキビケアも同時にできます。

肌に合った極力オイルの入っていないタイプのジェルや美容液でローションの水分の蒸発を防ぎましょう。

ベースメイクはパウダーがおすすめ

脂性肌の人は、ファンデーションやコンシーラーはパウダータイプがおすすめです。

パウダーは落ちやすいから敬遠している人もいるかもしれませんが、パウダーは皮脂を吸い取ってくれるのでテカリが目立ちにくくなります。

特にミネラルファンデーションのパウダーは、皮膚呼吸を妨げない上に紫外線防止効果のあるものも多いです。ニキビが炎症している時は、ファンデーションもできれば塗りたくないですよね。

こういう時にもニキビを刺激しないでくれるので、1つ持っていると使えますよ。

脂性肌の人に向かないのが、クリームやリキッドのファンデーション。

オイルが多く含まれているため、逆にメイクが落ちやすくなってしまいます。

メークはマットな質感になるものをチョイス!

ただでさえテカリやすい肌質なので、パールやラメ入りのベースメイク、ポイントメークは避けるようにしましょう。

仕上がりがマットになるものがおすすめです。

脂性肌はメイク直しが肝!

メイク直しは、あぶら取り紙を愛用している人も多いですね。

あぶら取り紙は、思った以上に肌の表面の皮脂を取り去る効果があるので、使いすぎるともっと皮脂がでやすくなってしまうので、できれば使わない方が無難です。

おすすめの方法は、アベンヌウォーターのようなミストで一旦肌をクールダウンさせ、ティッシュなどでポンポンとやさしくメイクのよれを拭き取ります。仕上げに、軽くパウダー系のファンデーションやミネラルファンデーションを乗せればOK。

ほどよく水分補給と肌の鎮静をしてから、パウダーで補正することでだいぶさっぱりするはずです。

お気に入りのローションがあるなら、携帯できるスプレー容器に入れて使うという方法もありますが、オイル入りのものはメイク崩れにつながるので、できれば避けましょう。

また、メイクが落ちやすいからとウォータープルーフタイプのマスカラを使う人もいると思います。ウォータープルーフは水には強いですが、油には弱いという欠点があるので、脂性肌の人はお湯で落とせるマスカラが向いています。

私も、ウォータープルーフのマスカラが落ちまくってショックだったことがあります。

自分から出る皮脂のせいでマスカラが落ちやすかったんですね。

お湯で落とせるタイプに変えたら、かなり落ちにくくなったのでうれしかったです。

メイク崩れやニキビで悩みやすい脂性肌ですが、きちんと対策することでキレイな肌をキープすることは可能です。メイクが落ちやすい夏にぜひチャレンジしてみましょう。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP