ニキビだけでなくニキビ跡にも効果を発揮してくれるビタミンC誘導体

美肌のために野菜やフルーツをたっぷり摂る女性は多いものです。

特に野菜やフルーツで摂取したいと思うのがビタミン類。

中でも、ビタミンCは美白やニキビ、コラーゲンの補助、毛穴ケア、抗酸化の効果など、美肌にはかかせない美容成分なため人気です。

ビタミンCの中でも、ビタミンC誘導体は様々なスキンケアアイテムに取り入れられていますね。

ビタミンC誘導体とビタミンC、どう違うの?

ビタミンCは野菜やフルーツに多く含まれるビタミン。

コラーゲンの生成の補助をするので、コラーゲンとの相性はバツグンです。

また、抗酸化力が高く体の酸化(老化)を防いでくれる効果もあります。健康面では免疫力を高めてくれるので、美容だけでなく健康にもとてもいい成分なんです。

このように体や美容には効果大ですが、その一方で壊れやすいのが難点です。

例えば熱。

ビタミンCは加熱することで分解されてしまいます。

またビタミンCは水溶性のため、水にさらすとすぐ溶けて流れ出てしまうのです。

古い野菜やフルーツほど、ビタミンCは空気に触れることでどんどんなくなり、栄養価は下がる一方。

このように、野菜やフルーツをたくさん摂取しようとしても扱いがなかなか難しいのがビタミンCです。

食べるだけでなく、コスメに使われるビタミンCもなかなかのクセモノ。

なぜかというと、ビタミンCはそのままでは吸収されにくく、せっかくたくさん含まれていても肌に吸収されにくいという欠点があるからです。

これを解消してくれるのが、ビタミンC誘導体。

普通のビタミンCよりも安定性があり、肌に吸収されやすいように加工されています。

効率よくビタミンCを肌から吸収するには、ビタミンCではなくビタミンC誘導体がおすすめなんです。

ビタミンC誘導体には3種類ある

ビタミンC誘導体というと、どれも同じでは?と思われがちですが、実は大きく3つに分かれます。

水溶性ビタミンC誘導体

これはいわゆるビタミンC誘導体のコスメの大半がこの水溶性です。

特徴としては、即効性があることがまずあげられます。

毛穴から出る皮脂量の調整をしてくれ、ニキビの炎症を抑える効果があります。

また、多くのビタミンC誘導体入りのコスメに含まれているため、手に取りやすい、選びやすいというメリットもありますね。

値段はピンキリ。安いものから高価なものまでありますが、安いものはビタミンC誘導体の含有量が少ないことが多いので注意しましょう。

デメリットは、即効性がある反面、肌に刺激を感じたり乾燥しやすいこと。

また紫外線にも弱いです。

敏感肌の人や乾燥肌の人、冬に乾燥しやすい人は、使う時は他のアイテムで補ったり使い方に気を付ける必要があります。

油溶性ビタミンC誘導体

水溶性のビタミンC誘導体よりも肌にやさしいのがこの油溶性ビタミンC誘導体です。

保湿力もあり、真皮までしっかり浸透して内側から肌をケアしてくれます。

ただし、即効性はなく皮脂量の調整にはあまり効果がないと言われています。

ジェルやクリームに入っていることが多いため、しっとりしますがべたつきやすさを感じることも。

高浸透性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体と、油溶性ビタミンC誘導体のいいとこ取りをした新しいタイプのビタミンC誘導体です。

肌に刺激を与えることなく肌の表面から奥まで浸透してくれます。ニキビ跡やくすみ、しみにも効果があり、しつこいニキビにも効果を発揮してくれそうですね。

今できているニキビだけでなく、ニキビ跡にも効果を発揮してくれるのがビタミンC誘導体。

ニキビ用のコスメに配合されていることも多いですが、どのビタミンC誘導体が入っているのか肌質や効果を考えて選ぶといいですね。

ニキビには、即効性のある水溶性ビタミンC誘導体か高浸透性ビタミンC誘導体がおすすめです。

敏感肌や乾燥肌の人は、肌にやさしい油溶性ビタミンC誘導体か高浸透性ビタミンC誘導体を選ぶといいでしょう。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP