敏感肌のメイクは下地は使わない方がベター ファンデーションはリキッドやクリームタイプはよくない?

肌が敏感な人は、メイクする時も「これは合わないんじゃないか」と不安を感じながらコスメを使っている人がほとんどです。

特に肌が荒れている時やニキビがある時は、いつも使っているメイクアイテムさえ合わないことがあるから、結構大変ですね。

「メイクしないで外に出れない!」という人は多いものです。

敏感肌の人だけでなく、肌が荒れている時のメイクでは、どんなことに気を付けたらいいでしょうか?

下地は使わない方がベター

メイクする前に、メイクのりをよくするために使う化粧下地。

このメイク下地には、油分が多いためしっとりした使い心地が人気ですが、ニキビがある人には向きません。

油分の多いコスメ全体にいえることですが、油分を安定させるためにさまざまな添加物が加えられています。

敏感肌の場合、こうした下地を使うことで肌の負担や刺激がおきやすいため、あまり下地を使うことはおすすめできないですね。

使うとしたら、オイルフリーのものやコメド対策したものがいいですが、敏感肌用のものを使うようにしましょう。なかなか肌に合う下地が見つからない!という場合は、保湿性の優れた美容液やジェルなどを時間をかけて肌に乗せてからファンデーションをつけるようにします。

ちなみに、私は下地は使っていません。

一度、下地でニキビが悪化したことがあり、それから怖くて使えないんです。

私は愛用しているジェルを、メイクする日は二度塗りしてしばらく置いてからメイクするようにしています。

ジェルはカスが出やすいですが、私の使っているジェルはあまりカスが出にくいようでなかなか快適ですね。

ファンデーションはリキッドやクリームタイプはよくない?

私は肌の乾燥が気になった時に、リキッドファンデを愛用していたことがありました。

そのリキッドファンデでは肌荒れはしなかったんですが、メイクよれしにくい、つまり落ちにくいタイプのファンデだったためにクレンジングはオイルを使っていました。

オイルクレンジングしていた時は、今思うと洗い上がりはさっぱりして気持ちいいんですが、肌の乾燥が結構すごかったです。

リキッドやクリームタイプのファンデは、しっとりして落ちにくいのがメリットなものの、落としにくいため敏感肌には向きません。また、油分も多く添加物もたっぷり入っているため、なおさら敏感肌にはよくないんですよね。

では何を選べばいいかというと、パウダータイプのファンデです。特にいいのが、ミネラルファンデーション。

非常に付け心地が軽くて、肌の負担もほとんどありません。

洗顔料で落とせるものも多いので、クレンジングが不要です。まさに、敏感肌にぴったりのファンデなんですよ。

ただ、ミネラルファンデもいろいろあって、添加物が多いものもあるので成分を確認してから買うようにしましょう。

メイクしない日を作ろう

外出しない日や学校や仕事のない日は、肌を休めてあげるためにメイクをしない日を一週間に1日は確保したいですね。

ちょっとコンビニまで、という時はフェイスパウダーをさっと塗る程度にしておくと重くなくていいです。

フェイスパウダーはカバー力がないものの、油分がなくさっぱりした使い心地です。ニキビのテカリを抑えてくれる効果もあるので、一つ持っているといろいろ使えます。

使っているスポンジはキレイですか?

案外盲点なのが、ファンデーションをつけるスポンジやブラシ、パフなどが汚れっぱなしなこと。

特にニキビのある肌につけたスポンジ類は、できれば毎回替えたいところですね。

また、ファンデーションについていたスポンジやパフが刺激になってしまうこともあるので、合わないと思ったら買い替えてみるのもいいでしょう。

敏感肌でしかもニキビがある場合は、メイクも気を使いますよね。

肌の負担をできるだけ減らし、メイクの工程を減らすことで肌にやさしいメイクは可能です。

いろんなメイクアイテムを使えないのは女子的にさびしいですが、キレイな肌になることこそ重要なので、肌に合ったアイテムを見つけることは一番大切です。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP