敏感肌のためのスキンケア方法と効果的な化粧水・化粧品の選び方

敏感肌の場合、他の肌質では影響がないようなちょっとした刺激でも肌が荒れてしまうことがよくあります。

刺激のせいでニキビが悪化することもあるため、大人になってもニキビができやすくて悩んでいる人も多いですね。

ニキビケアしたいのに、合うスキンケアアイテムがなかなか見つからず困ってしまうのが敏感肌の特徴。ニキビができないようにするには、どうしたらいいでしょうか。

敏感肌も乾燥肌と同じ対策がいい?

敏感肌は、アレルギーや肌のいじりすぎが続いたことが原因になることが多いです。

加えて、肌の水分量が低下することでバリア機能が働きにくくなることでニキビができやすい傾向があるようです。

乾燥肌も同じく、肌が乾燥することでニキビをはじめとした肌トラブルがおこりやすいと言われています。まずは乾燥対策をしっかりする必要が敏感肌でも必要ですね。

敏感肌の保湿ケアで注目したいのはセラミド

敏感肌の場合、ただ保湿力の強いスキンケアをすればいいというわけにはいきません。

保湿成分によっては肌に刺激の強いものもあるので、配合されている成分をしっかり見極めてから使うようにしたいものです。

例えば、他の肌質なら問題がない尿素。

グリセリンと尿素で作る手作りローションが一時期流行りました。

保湿力が高く、余計な成分が入っていない上に、作り方がとても簡単です。

しかし尿素は敏感肌の人には不向きと言われています。

私も一時期、この尿素入りローションを手作りしていた時期がありました。肌が潤うし成分もシンプルで安心、しかも材料費も安いため喜んでいました。

しかし使い始めてしばらくしたら、肌がピリピリするようになりました。

ちょうど花粉症の症状が出始めたタイミングだったせいか、肌が敏感になっていたようです。

最初はあまり気にしていなかったんですが、この尿素入りローションでピリピリするだけでなく顔に赤みまで出てくるようになったので、使うのを中止しました。今考えると、時期的に肌がゆらいで敏感肌に傾いていたと思います。

このように、保湿成分によっては敏感肌には向かない成分があるので注意しましょう。

敏感肌でも安心して使える成分は、セラミドです。

セラミドは元々細胞内にある成分。

細胞間脂質という細胞と細胞をつなぎ合わせる効果があり、肌の中の水分の蒸発を防いでくれる効果が期待できます。

また、異物の侵入も防いでくれるため、敏感肌の人にはありがたい成分といえると思います。

敏感肌はコスメ選びが難しい

低刺激のスキンケアアイテムを選んでも、肌が荒れてしまうことが多いのが敏感肌ですね。

そのため、スキンケアジプシーになりやすく、なかなかぴったり合うコスメに出会えずにいる人が多いです。

敏感肌の人におすすめのスキンケアアイテムはまたあとでご紹介しますが、選ぶ時の目安はやはり保湿!セラミド配合のスキンケアアイテムを中心に選んでいきましょう。

セラミドもいろいろあり、肌への浸透しやすいナノサイズのもの、そしてヒト由来のセラミドを選ぶとより効果的です。

他にヒアルロン酸も保湿成分として優秀なので、両方配合されているものがいいでしょう。

薬用のコスメや無香料、無着色など無添加のコスメ、アルコールフリー、ノンコメドタイプもおすすめですが、やはり使ってみないと合うかどうかわからないですね。

その場合は、サンプルやトライアルセットがあるなら使ってみましょう。できるだけバッジテストしてから使うようにすると肌トラブルを防げます。

そして肌に異常がでたら、すぐに使用を中止してください。

私はせっかく買ったから勿体ない、と合わないコスメを使い続けて肌がボロボロになったことがあります。弱っている肌は回復力も弱いですから、ひどくなる前に止めることも大切です。

敏感肌なら洗顔を見直そう!

敏感肌の人は、スキンケアだけでなくメイクアイテム選びも大変です。

ニキビをはじめとした肌トラブルがおきているなら、なおさらですね。

肌が赤くなったり痛くなるから、洗顔するのが怖いという人もいるでしょう。ニキビのある敏感肌にぴったりな洗顔法はあるんでしょうか?

市販の洗顔フォームは添加物が多い?

敏感肌だから、肌にやさしいとアピールしている洗顔フォームを使ったけれど、全然やさしくなかった!という人は多いですね。

よくドラッグストアで売られているような、手頃な値段の洗顔フォームはやはり添加物が多いです。敏感肌の人にはおすすめできません。

ではドクターズコスメ系や、薬用の洗顔料はいいかというと、実際に肌につけてみないと合うか合わないかはわからないのがつらいところです。

だったらどうするかというと、思い切って洗顔料で洗う回数を減らす方法があります。

「水だけ洗顔」はニキビのある敏感肌でもOK?

朝の洗顔は、水(ぬるま湯)でバシャバシャ洗うだけ、という洗顔法をやっている人が増えていますね。

実は私も実行しています。

朝は、寝ている間に出る皮脂や肌についた汗や埃などの汚れなどが肌についた状態です。

夜と違い、メイク汚れや外気などの化学物質なども家の中にいる限りつきにくいです。

水(ぬるま湯)で洗う程度で、余分な皮脂や汚れは落ちるから洗顔料は使わない、というのが水だけ洗顔の理屈。

また、顔から出る皮脂は美容液のようなものだから、洗顔料で落とすのは勿体ない事だという説もあります。

個人的に、ぬるま湯で洗っただけでも結構さっぱりするし、ほどほど皮脂が落ちるのでなかなか肌の調子はいいです。時間もかからないし、スキンケアの時間も短縮できるので快適ですね。

敏感肌の人も、水だけ洗顔を実行している人は多いそうです。

でも、ニキビがある場合はどうでしょうか?

ニキビの状態次第では水だけ洗顔はNG?

ニキビの原因が乾燥の場合、水だけの洗顔は肌やニキビを刺激しにくいのでやってもOK。

肌の乾燥がひどい場合は、朝の洗顔は一切しないという方法もあるようです。即効性はありませんが、洗顔は肌の乾燥を促進させてしまうこともあるので、一度試してみるといいかもしれませんね。

ただ、ニキビが赤ニキビよりもひどい場合は微妙です。

肌が敏感になっている原因が、皮脂が酸化したことでおこっている場合は、酸化した皮脂はちゃんと取り去らないとニキビがひどくなる可能性もあります。

そういう場合は、敏感肌用の消炎効果のある洗顔料を軽く使うようにしましょう。洗顔時間はなるべく短めにすることで、肌の負担や皮脂の取り過ぎを防ぐことができます。

ニキビができると、つい洗顔をきちんと念入りにやりたくなってしまいます。

泡をたくさんつくってやさしく洗顔するのはもちろんですが、長い時間をかけて洗顔するのは敏感肌にはキツイので、短時間でさっとすませるようにしましょう。

夜のクレンジングはどうしたら?

クレンジングは、洗浄力が強いほどメイクはよく落ちてくれます。

しかし、肌の潤いまで奪うので、敏感肌の人はやさしいクレンジングを選びたいですね。

中でもオイルは洗浄力がかなり強いです。逆に刺激が少ないのがミルクタイプのクレンジングです。

しかし、ミルクタイプは肌に残るベトベト感がニキビによくなさそうですよね。メイクオフの力は弱いので、メイクが残ってしまいやすいですが、クレンジングのあとに洗顔をするのであまり心配はいりません。

また、クレンジングをあまり使いたくない、という場合は、洗顔料で落とせるミネラルファンデーションや、お湯でオフできるマスカラなど、落としやすいコスメを使う方法もありますね。

敏感肌、しかもニキビができていると、かなり肌に気を使うものです。

その場合は、他の肌質以上にあまり肌をいじらない、少ないアイテムで短時間にやさしく洗うようにして肌に負担をかけないようにしましょう。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP