混合肌のためのスキンケア方法と効果的な化粧水・化粧品の選び方

テカって皮脂がたくさん出ているところと、乾燥してカサカサしている部分が同じ顔なのに同時にトラブルがおきてしまう混合肌。

混合肌だということに気づかず、間違ったスキンケアをしてますます症状が悪化してしまうこともあり、怖いですね。

しかもそんな状況でニキビができてしまうと、ケアがますますわからなくなり困ってしまいます。混合肌でしかもニキビがある時、どんなスキンケアをするのが正しいのでしょうか?

混合肌はTゾーンの皮脂に悩みやすい?

混合肌で悩んでいる人は、Tゾーンのべたつきやニキビ、毛穴の開きの方が乾燥よりも悩んでいるのではないでしょうか。

私もそうでした。

鼻のギトギトやニキビ、毛穴のザラザラ感、黒ずみ、毛穴の開きなど、とてもいやでしたが、あまり頬の乾燥などは気にしていませんでした。

そんな状態だったので、さっぱりしたローションを使うことが多かったです。

しかし夏はまだいいですが、冬は頬は乾燥するし口の周りは粉がふいてしまいました。それなのに、鼻はなぜかギトギト。ニキビもできるし最悪です。

ニキビができるから、もっと皮脂を取らなくては!と力が入ったものでした。

実は乾燥が混合肌の原因だった?

乾燥は見た目ではわかりにくいですが、皮脂が出すぎているパーツはギトギトしているのでよくわかります。

しかもニキビができたり、毛穴の汚れや毛穴が開いているのはぱっと見てわかりやすいですよね。そのため、スキンケアはどうしても目立ちやすいTゾーンの悩みを先に解消したくなるものです。

こうした背景から、混合肌の人はさっぱりしたスキンケアをしやすく、肌の潤い不足になりがちなのだそうです。

また、春や秋は肌が揺らぎやすく、肌の不調を感じる人も多いですね。こうした時期にニキビができやすくなり、冬以外はさっぱり系のコスメを使っているという人も多いです。

ニキビは乾燥が原因のことも多く、乾燥しているのにさっぱりしたコスメを使い続けたら混合肌が加速する一方なのです。

クレンジング、洗顔はどうしたら?

Tゾーンのギトギト、ニキビ、毛穴が気になるから、クレンジングや洗顔は洗浄力の強いものを選びがち。

中でもオイルクレンジングしている人は多いです。

毎日のオイルクレンジングが乾燥の原因になっている人も実は多いのだとか。クレンジングはクリームやジェルを使うのが正解。肌を乾燥させるオイルは避けた方が無難です。

洗顔は無添加の洗顔用石けんをたっぷりの泡でやさしく洗うようにしましょう。

ニキビがひどい場合は、ニキビ肌用のやさしい洗顔料を使う方法もあります。Tゾーンから洗い始めて、頬など乾燥しやすい場所は軽く洗うだけで十分。

洗顔後はすぐスキンケアして、肌が乾燥しないようにしましょう。

混合肌のスキンケア

よく、混合肌だから部分的にコスメを使い分けている、という人がいます。

それでももちろんいいんですが、忙しい朝にそこまでしていられない!メンドクサイ!という人も多いでしょう。その場合は、肌につける量を工夫したり、プラスするアイテムを加えることで対処できます。

基本であるローションは、さっぱりしたタイプでもいいですが保湿を強化したものがいいですね。

ヒアルロン酸やコラーゲン入りなど、潤い成分がプラスされているものがおすすめです。また、ビタミンC誘導体入りのものも、皮脂量を調整して出過ぎないようにしてくれます。

顔全体にローションをつけたら、乾燥しやすい部分を中心に乳液やジェル、美容液をプラスします。つけた後の手でTゾーンにも塗ります。

こうすることで、手に残った少量がTゾーンに乗るためつけすぎ予防になります。

乾燥しやすい目元は、目元専用のジェルやクリームを使ってもいいですね。目元は皮膚が薄いため、小じわになりやすいのでやさしく保湿ケアしてあげるといいでしょう。

混合肌のスキンケアも、基本的なスキンケアと変わらないじゃないか、と思われるかもしれません。

混合肌の原因のひとつである乾燥対策をしっかりするには、実は通常の正しいスキンケアをするのが一番近道だったのです。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP