脂性肌改善のためのスキンケア方法と効果的な化粧水・化粧品の選び方

皮脂が多く分泌されるため、常にギトギトが心配なのが脂性肌。

特に女性は、脂性肌の場合はメイクが取れたりよれたりすることに悩んでいる人が結構います。

そして脂性肌はニキビをはじめとした肌トラブルをおきやすいのも悩みですね。

脂性肌独特の悩みとは?

まず脂性肌の場合は、皮脂のせいでニキビになりやすいです。

皮脂は正常な量が分泌されるなら、肌をきちんと保護してくれるのでありがたい存在です。皮脂のおかげで、肌がしっとりするだけでなくいろんな外からの刺激から守ってくれるのです。

しかし皮脂が多すぎると、肌の表面で酸化して炎症をおこしたり雑菌や汚れが皮脂のせいでつきやすくなることがあります。

また脂性肌は皮脂量が多いために、毛穴が開いてしまっていることも多いですね。

特に鼻やおでこの毛穴が開いていて、何をやっても毛穴が目立ってしまうことに悩んでいる人もいます。

脂性肌の人は、まずは皮脂量を調整することを念頭にするといいでしょう。

脂性肌のスキンケア

脂性肌の人のニキビケアは、肌表面の余分な皮脂を取り去ることが大切。

ただし、取り過ぎは禁物です。皮脂を取り過ぎることで肌の表面が乾燥しやすくなり、そのせいでバリア機能が低下してしまう恐れがあります。

スキンケアでは、まずはクレンジング。

クレンジングはやはりオイルが一番落ちるので、私も一時期愛用していました。

クレンジングしながらマッサージすると、毛穴に詰まった角栓が面白いように取れたのではまってしまいました。

しかしこのやり方はおすすめできないです。

クレンジング剤でのマッサージは、なんと汚れを毛穴に押し込んでしまうこともあるそうです!

クレンジングは、あくまでメイクオフするだけと考え、長時間肌に乗せないようにしましょう。クレンジングでマッサージしている人は今日からやめてくださいね。

クレンジングは、ローションやジェルタイプがおすすめです。

ミルクやクリームは肌にやさしい反面、肌のぬるつきが気になってしまいます。

個人的には、リキッドやジェルのクレンジングがおすすめ。

そして、できればオイルクレンジングは避けた方がいいです。

オイルはよく落ちるけれど、肌の潤いまで取り去ってしまいます。使うなら、週末に1回だけにするなどスペシャルケアとして使うといいですね。

つぎに洗顔。

添加物の多い洗顔フォームよりも、固形石けんがニキビ肌にはおすすめです。

固形石けんも、無添加のものが安心ですね。

脂性肌の場合、顔が脂ぎってくると洗顔してさっぱりさせたい!と思ってしまいがちですが、洗顔は1日2回までに抑えましょう。

丁寧に洗顔しても、洗顔の刺激で皮脂が刺激されたくさん皮脂が出てしまうこともあるので注意!

また、スクラブ入りの毛穴の汚れを取る洗顔料もありますが、あまりおすすめしません。

私はクルミ配合の洗顔料を使って、顔が真っ赤に腫れあがったことがあります!肌に合わなかったこともあると思いますが、スクラブは肌を傷つけることがあるので使うなら週1回にするとか、毎日使わないようにしましょう。

洗顔後は、必ず肌に水分補給します。

脂性肌におすすめなのが、消炎成分入りのローションです。

ニキビ肌用にいろいろ出ているので、肌に合うものを探すといいですね。

なるべく、オイルカットしているものがいいです。

ローションだけでは乾燥してしまいやすいので、ローションのあとはジェルや美容液でお手入れするとベスト。

また、脂性肌でも目の周りや口の周りは皮脂量が少なめで、しかもよく動くため乾燥しやすいです。こうした部分にはローションを重ね付けしたり、乳液やクリームをポイント使いしてみる方法もあります。

脂性肌でも意外と肌の内部は乾燥しているインナードライ状態のこともあります。特に20代以降は肌の表面はギトギトなのに、内部はカサカサしている人も多いのだとか。

どんな肌質でも、保湿はとても大切です。ニキビがあるから何もつけない、ということのないようにしましょう。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP