目立って恥ずかしい鼻ニキビの原因と治し方

鼻は顔の中でも一番凹凸のあるパーツなため、ここにニキビができるととても目立ってしまいますね。

おでこと同様に、鼻は皮脂がとても出やすいため、ニキビができやすくギトギトと脂ぎって見えやすい場所です。

鼻は毛穴が深い?

鼻は、思春期はもちろん大人になってからもニキビができやすいパーツ。

私も、鼻のてっぺんに大きなニキビができた時はショックでした。

鼻の頭にニキビができるとすごく気になってしまって、つい指で触り潰してしまったこともあります。おかげで赤ニキビにまで悪化してしまい、ニキビをからかわれて嫌な思いをしました。

鼻はもともと角質が厚く毛穴が深いのだそうです。

私はニキビ以外にも、ブラックヘッドとかいちご鼻とか言われるブツブツした毛穴で悩まされてきました。

触るとザラザラした感触がするので、ファンデーションで隠そうとしたことも多いです。

鼻は顔のパーツの中でも高いため、日焼けもしやすい場所。

皮脂でテカテカした鼻が日焼けすると、肌の表面は酸化しやすくなります。

このように鼻は、ニキビができやすく、治ってもまた再発しやすいパーツなんです。

鼻ニキビの間違ったケア

大人になっても皮脂分泌が多い傾向のある鼻。

さらに、ストレスやホルモンバランスの乱れによって皮脂分泌が盛んになることでニキビが悪化しやすい場所でもあります。

鼻は位置的に洗い残しが原因でニキビができることはほとんどありませんが、洗い方次第では余分な皮脂が残ることがあります。私も、鼻のギトギトやブラックヘッド、ニキビに悩まされた時にいろんな方法で鼻の皮脂を取ろうと頑張りました。

例えば、毛穴をすっきりさせるパックで角栓を取ろうとしたこともありました。

やってみると、私はほとんど取れなかったんですが、一部の毛穴から角栓が取れ毛穴はぽっかり穴が開いていました。

自分の鼻ながら、正直気持ちが悪かったです。

友人もこのシールを使っていて、ごっそり取れて快感だったと話していたので、やり方が悪かったと思い頻繁に試していた時期がありました。

鼻はシートのやりすぎてヒリヒリして赤くなり、しまいに毛穴から血が出てしまったためもう無理だと観念しました。

他にも、剥がすタイプのパックやスクラブでマッサージしたりいろいろ鼻の皮膚に負担をかけることばかりしていました。それでも一向にブラックヘッドは消えないし、ニキビも相変わらずできるので本当にガッカリしたものです。

鼻ニキビの正しいケア方法は?

このように鼻のケアを強化しても、一向に症状は改善されませんでした。

結局、いじるのをやめてからニキビもできにくくなりました。もしかしたら、年齢的に肌の皮脂量が落ちてきたのもよかったのかもしれません。

今は鼻にニキビはほとんどできませんが、この頃の過剰なケアのせいで毛穴は広がってしまいました。

正しいニキビケアは、鼻の場合も洗顔が第一だと思います。

皮脂が多い場所であるTゾーンやニキビができやすいと感じている箇所は、まず最初に洗うようにします。

洗顔は肌に泡をつけるだけで皮脂はが落ちるので、気になるパーツから洗うといいそうですよ。そのあと気になるパーツを含め、全体をやさしく洗います。そして肌に水分補給ですね。

鼻のニキビを防ぐには?

おでこもそうですが、鼻も皮脂量が他のパーツに比べて多く分泌されます。

皮脂量が増えず、正しい洗顔や紫外線対策をしていればニキビはほとんどできないはず。

皮脂分泌を増やしてしまうのは、ストレスやホルモンバランスの乱れ、寝不足、栄養の偏りなどがあります。

焼肉をたくさん食べたら、顔が脂ぎったことはありませんか?

体質にもよりますが、私は肉をたっぷり食べた翌朝にニキビができたことがよくあります。

真夏に外で遊んだ、とか、食べ放題にいってたらふく食べた、などのあとにニキビができやすいと感じるなら、こうした行動を控えることでニキビは防ぐことが可能です。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP