ニキビって一つじゃない!どんな種類があるの?

ニキビができているだけで、なんとなく不潔そうに見られていやなものですよね。

ニキビを早く治すには、清潔にすることが一番!

ただ、ニキビには段階によってニキビの見た目も対処方法も変わってきます。

ここでは、ニキビにはどんな種類があるのかを説明していきますね。

 

ニキビの前段階「微小面皰」

ニキビのできる前の段階の微小面皰は、ニキビができるきっかけの段階と考えていいでしょう。

毛穴が詰りはじめて角栓ができる状態のことを指します。

実はこの微小面皰は、見た目ではほとんどわかりません。だから、微小面皰の状態の人は結構いる(ほとんどの人が該当するのかも)のかもしれませんね。

ニキビができやすい体質の人は、この段階で正しい肌ケアをしていれば未然にニキビの発生を防ぐことも可能です。

 

できたばかりの「白ニキビ」

できたてのニキビを白ニキビと言います。

微小面皰の状態が進行し、さらに毛穴が詰り毛穴が少し盛り上がった状態です。白いコメドが見えることもありますね。

ニキビの大きさは小さいです。

毛穴の中では、毛穴から出られない皮脂が溜まりつつある状態です。これが成長していくと、アクネ菌をはじめとした雑菌が繁殖することでニキビが悪化していきます。

まだ炎症を起こしていない状態なので、この段階ではニキビの中の芯を出すのもOK。ただし、正しいやり方で行い、ケアもきちんとすることが条件です。

 

角栓の酸化でおこる「黒ニキビ」

白ニキビが進行すると、次に黒ニキビになると言われています。

毛穴に詰まった皮脂や汚れなどがうまく排出されず、空気に触れることで酸化します。酸化によって角栓が黒く見えることから黒ニキビと呼ばれています。

見た目が一気に不潔に見えてしまうので、なるべく早めに正しいケアをする必要がありますね。

 

目立ちやすい「赤ニキビ」

毛穴が詰り、肌の内部ではアクネ菌などにより炎症をおこした状態を赤ニキビといいます。

赤ニキビは小さかった白ニキビと比べると、炎症して腫れるため大きく見えます。

炎症してしまっているため、痛みや熱をニキビに感じる人もいます。この段階ではむやみにニキビを触らないことが大事。

私はこの赤ニキビを潰してしまったことがあり、なかなか治らなくて困ったことがありました。ニキビは極力触らないことが大切。

潰すなら白ニキビか黒ニキビの段階まで、ということを頭に入れておきましょう。

 

内部では膿も発生している「黄色ニキビ」

赤ニキビがさらに悪化すると、黄色ニキビに。

アクネ菌などにより炎症したニキビの中に、膿がたまった状態です。黄色ニキビになってしまうと、なかなか治りにくくニキビ跡にもなりやすい状態です。

自力で治したり、ニキビを潰す、ニキビに触るのはやめてできればクリニックを受診した方がいいですね。

 

慢性化しやすい「紫ニキビ」

実は私にも紫ニキビの疑いをもつデキモノがあります。それはお恥ずかしい話ですが、おしりにあります。

紫ニキビは、他のニキビとはちょっと違い、紫がかった色をしていてなかなか治りにくいと言われています。

私のそのデキモノも、いつできたのか思い出せないくらい長い付き合いです。

触ると中に何か入っている異物感があります。この中の異物というのは、膿や血、皮脂など。

毛穴がふさがっているので、中味が出るチャンスがないのでなかなか厄介なニキビです。血流の流れが悪かったりするとなりやすいそうで、冷え性の人も注意が必要。

実は、私の母もデキモノができやすい体質で、若いころ背中に大きなデキモノができた時に切開したことがあるそうです。

紫ニキビができやすい人は、体質改善も治療とともに考えた方がいいと思います。

黄色ニキビ、紫ニキビになってしまうと、ニキビ跡が残ることが多いため、ニキビは初期段階で早めに退治しておくことが大切ですね。

次回は、微小面皰を掘り下げて書いていこうと思います。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP