秋に起こりやすいニキビトラブルとは?

秋は夏の暑さも和らいで過ごしやすい日が増えてきますね。

暑くも寒くもないこの時期は、食欲が増す時期。スポーツや読書など楽しみもいっぱいなので、秋が好きという人は多いです。

ニキビも、秋はあまりトラブルの原因となるものがありません。

紫外線もまだ強いですが、夏よりも弱いし、湿度も冬と比べたら十分あります。こういうことから、秋にニキビが増えるという人はそんなに多くありません。

しかし、中には秋にひどいニキビができやすい人もいます。

夏のダメージが一気に秋に噴出!

夏は湿度が高い点では肌にはメリットがありますが、紫外線が強いのはデメリット。

紫外線はあらゆる肌トラブルの元になっており、当然ニキビにも悪い影響を及ぼします。

紫外線を防ぐには、UVアイテムを使うのが一番ですが、肌に合わない日焼け止めで肌トラブルを起こすことがあります。

また、最近の日焼け止めはとても伸びが良くて使い心地がいいですが、伸びがいいために塗る量が少なくてもしっかり塗ったような気分になってしまいます。

夏の間、日焼け止めをうまく使いこなせていないことで、だんだんと肌の抵抗力が弱ってしまいます。夏は湿度が高いため、それでもなんとか夏を越せても、秋になって湿度が下がってくることで夏に受けたダメージが肌に現れやすくなります。

紫外線なしの室内にいても肌ダメージを受けている

ニキビの炎症がひどくなりやすい夏。

原因は紫外線なので、ニキビ対策のために家の中ですごすようにしていたとします。外が猛暑の中、家でエアコンに当たって涼んでいると快適ですよね。

しかし涼しくて快適な室内は、エアコンにより空気が乾燥しやすいって知っていますか?

夏は湿度が高いというイメージがあるので、除湿を兼ねて冷房を入れている人もいるでしょう。このエアコンのきいた室内にいるだけで、肌はどんどん乾燥してしまいます。

夏は皮脂量が多いために、意外と肌の乾燥に気づきにくいんです。

そのため、スキンケアもさっぱりしたタイプを使い、他の季節よりも乾燥対策をしない人が多いです。これでは肌はどんどんインナードライ状態になっていまいます。

紫外線だけでなく、乾燥もニキビには大敵。

バリア機能が働きにくくなり、秋になって一気に肌トラブルをおこす原因になります。

まだある!秋にニキビをおこす原因

花粉アレルギーでニキビがおきやすいのは春が多いですが、実は秋になると花粉症になるという人も増えています。

この原因はブタクサです。

アレルギー症状はスギ花粉と同じで、目の痒みや鼻水、鼻つまり、喉の痛みなどです。

ブタクサのアレルギーがあり、しかも肌が敏感な人は肌荒れをおこしニキビができることもあります。

夏に肌に負担がかかって秋に一気にダメージが起きている時にアレルギーになったら、症状は重くなるかもしれません。

ブタクサの他に、よもぎやイネ科植物、夏に増える昆虫の死骸などもアレルギーの原因になることもあります。

毎年秋にくしゃみや鼻水があるという人は一度病院で調べてもらうといいですね。

秋のニキビ対策はどうする?

夏から冬へと移り変わる秋のニキビ対策は、夏にしていたスキンケアを見直しましょう。

夏は肌がべとつきがちなので、さっぱりしたタイプのコスメを使いがち。

夏はまだ耐えられた肌も、秋になって湿度が下がってきてからは耐えられなくなってトラブルがおきやすいです。

保湿力の高いスキンケアにシフトチェンジして肌を守るようにしましょう。

また、紫外線は夏ほどではなくてもまだまだ強いです。

夏にダメージをうけた肌はデリケートになっているので、秋も引き続きUVケアを続けて紫外線の害をこれ以上受けないようにしたいですね。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP