皮膚科のニキビ治療のメリット

ニキビ治療するとしたら、クリニックで治療するのが一番早くてキレイに治りそうですよね。

しかしそこで悩んでしまうのが、皮膚科に行くべきなのか美容皮膚科や美容外科に行くかです。

ニキビはやっぱり皮膚科がよさそうな気もしますが、美容皮膚科や美容外科はキレイな肌になれそうなイメージもありますよね。皮膚科と美容皮膚科、美容外科って、どんな違いがあるんでしょうか?

皮膚科は治療オンリー

私はニキビではないですが、腕やフェイスラインにできた毛孔性苔癬で悩んでいた時に、皮膚科に行きました。

皮膚科はまさにお医者さんといったイメージそのもの。病院の診察室で診てもらいました。

なぜ皮膚科に行ったかというと、肌疾患は皮膚科だと思ったからというのもありますが、美容皮膚科や美容外科は身近なエリアにはありませんでした。

実際に、ニキビはれっきとした皮膚病なので、皮膚科に行くのは間違っていません。

皮膚科のニキビ治療は、塗り薬や場合によっては内服薬も処方されます。当然ですが、治療は保険対象になります。

美容皮膚科、美容外科は美容にもアプローチ

美容皮膚科、美容外科について詳しいことはまた別の機会に書きますが、どちらもニキビ治療だけでなくエステでするような美容ケアも行われます。

ニキビ跡が残らないようなケアをしたり、肌全体をニキビ含めて美肌に導くコースなどがありますね。

美容皮膚科や美容外科については、保険対象外になることがほとんどなため、高額になりやすいです。

皮膚科での治療内容は?

皮膚科でする治療は、まず皮膚科医とのカウンセリングからスタート。

ニキビがいつごろからでき始めたのか、ニキビの状態の変化や薬を使ったかどうか、ライフスタイルや病歴などを聞かれます。

これらの結果から、ニキビができた原因を考えた治療が行われます。

治療は、ニキビの状態(炎症の有無やニキビの進行具合)に合った方法が選ばれます。

炎症をおこしている赤ニキビなどは抗菌薬が出ることが多く、塗り薬はレチノイドなどが使われるようです。

この時に、ニキビの状態によっては面ぽう圧出をすることも。

面ぽう圧出とは、コメドプッシャーのような器具でニキビの芯を押し出すこと。

自分でできそうと思うかもしれませんが、やはりお医者さんにやってもらうのが一番安心ですね。

そのあと、薬の使用方法などについての説明があります。またライフスタイルの注意点などについて説明があることもあります。

皮膚科では、面ぽう圧出以外の治療はあまり行わないようです。

ケミカルピーリングを行う皮膚科もあるようですが、ケミカルピーリングは保険対象外がほとんどなので治療を行わない皮膚科も結構あるそうです。

皮膚科での治療のメリットは?

ニキビに集中して治療するため、ニキビが治った時点で治療は終了となります。そのため通院は比較的短くてすみますね。

また、ほとんどの治療が保険適応内なので、金額的負担が少なくてすみます。

負担額はほとんどの人が3割で、他に初診料や再診料などが発生します。

ニキビだけとりあえず治したい!という場合は、皮膚科を選ぶといいでしょう。

皮膚科のデメリットは?

皮膚科では、ニキビが治った時点で治療は終了します。

ニキビが治っても、ニキビ跡というものができますよね?

ニキビ跡の治療は普通の皮膚科では行いません。

ニキビ跡は自然に消えることもありますが、紫外線に当たったり間違ったスキンケアでなかなか治りにくいことも多いです。

皮膚科ではニキビ跡の治療は行わないので、皮膚科に行った場合は自力でニキビ跡をなくすように努力するしかありません。

ニキビ跡は、美白ケアや紫外線対策することで早く治すことは可能です。

自分でケアできるという人や、あまりニキビケアにお金をかけたくない人は皮膚科で治療するといいでしょう。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP