コメドプッシャーの使い方

ポツンとできる大きなニキビ、気になりますよね。

特に顔にできるニキビはとても目立つので、早く治したくてつい手で潰してしまう人も少なくありません。

しかし手で潰すのはNGです。

たとえニキビの芯が取れても、雑菌のついた手でいじることで炎症をおこしたり色素沈着を招いてしまうおそれがあります。

ニキビは触らない、いじらないのが一番。

時間はかかっても、やさしいケアをしてじっくり治していくのが長い目で見るといいのです。

でもなかなか治らなかったり、ニキビがだんだん大きくなってくると芯を出したくなってしまいますよね。そんな時に、コメドプッシャーを使うという方法があります。

コメドプッシャーとは?

皮膚科でニキビの治療をした人の中には、ニキビを圧出する器具でニキビの芯を取り除いてもらった人もいるでしょう。

これと似たものに、コメドプッシャーというものがあります。

コメドプッシャーは、楕円の輪になったものが先端についており、これでニキビを挟んでニキビの芯を出します。

ニキビの周辺を押し出すことで芯が動き、毛穴からニュルっと取り出すことができます。

このコメドプッシャーは、ドラッグストアで購入できます。

アマゾンなどの通販サイトでも売っているので、ネットでクチコミを見ながら購入するのもいいですね。

だいたい千円以下のものが多く、1つ持っていると長く使えそうです。

ほとんどが、棒状で両先端に楕円の輪っかのような突起物のある形をしていることが多いです。

中には「し」のような形のものもあります。

コメドプッシャーに向くニキビ、向かないニキビ

コメドプッシャーを使う場合は、白ニキビから黒ニキビまで。

赤ニキビよりも重い、炎症しているニキビの時は絶対に使ってはいけません、

また、ニキビの芯が肌の表面に出ている時以外はおすすめしません。

なぜかというと、芯がでにくい状態だからです。

芯がでにくい状態でいろいろいじることで、炎症してしまうことがあります。

シロウトが扱えるのは、白ニキビ、黒ニキビまで、そして芯が見えている時だけ、と覚えておきましょう。

コメドプッシャーの使い方

コメドプッシャーはただニキビに押し当てればいいと安直に使いがちですが、ニキビだけでなく肌のことを考えるなら、下準備とアフターケアもきちんとする必要があります。

まず、芯を出やすくするためにお風呂に入ったり、蒸しタオルを使うなどして毛穴を柔らかくしておきます。

用意するものは

・コメドプッシャー
・消毒綿
・ピンセット
・消炎効果のあるローションなど

コメドプッシャー、ピンセットを消毒します。

熱湯で消毒する方法もありますが、消毒綿を使うと手軽だし患部の消毒や後始末にも使えるので用意しておくといいですね。

ニキビを囲うようにコメドプッシャーを当てて、ゆっくり押していきます。芯が出たら、手で取るのではなくピンセットで取り去ります。

やさしく消毒綿で患部を拭き、炎症などなさそうなら消炎効果のあるローションなどを付けます。

ちなみに、私はローションではなく、馬油をつけています。

患部の殺菌もしてくれるし、傷を治す効果もあるので馬油は結構使えますよ(稀にアレルギーがでる人がいるので、いきなり使うのは避けてください)

このあと、コメドプッシャーとピンセットを洗い、消毒しておきます。

コメドプッシャーでうまく芯がでなかったら?

無理にいじると、ニキビが悪化したりニキビ跡ができてしまうことがあるので、無理そうと思ったらすぐ中止しましょう。

また、一度うまく芯が取れると面白くなってしまって次々に芯を取りだしたくなります。でもコメドプッシャーを常習的に使うと、肌がデコボコになってしまう恐れがあります。

肌に相当の負担をかけてしまいます。

どうしても取りたい!という時だけにして、あとは普段の肌ケアでニキビができにくい肌になるように努力しましょう。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP