意外?オロナインでニキビが治る?

昔から家にある常備薬のひとつとして有名なのが「オロナインH軟膏」。

ちょっとした傷やしもやけの時に使う、という人が多いと思いますが、意外なことにニキビ薬として使えるんです。

実際にオロナインの瓶に書かれている効能を読んでみると、一番最初に「にきび」と書かれていました。

今までニキビに悩んできましたが、オロナインを一度も使ったことがありませんでした。私の周りでも、ニキビにオロナインを使ったという人はいません。

実際に、オロナインを使うとどんな効果があるのか調べてみました。

オロナインの何がニキビを治してくれるの?

オロナインに含まれている成分に、クロルヘキシジングルコン酸塩液があります。

このクロルヘキシジングルコン酸塩液は、消炎効果や殺菌効果があるのだそうです。

だから傷がある時につけると炎症しないですむわけですね。

ニキビはアクネ菌をはじめとした雑菌が入り込むことで、炎症したり膿が出て悪化していきます。

これを防いでくれるのが、クロルヘキシジングルコン酸塩液というわけ。

そんな効果があるとは知らなかったので驚きました。

赤ニキビに効果大!

実際に、オロナインをニキビに付けて治療した人の口コミをいくつか調べてみました。

その結果、炎症を起こして赤くなっている赤ニキビには効果があるようでした。

しかも、つけた翌日にかなり改善し使い続けるごとにどんどん症状が軽くなっていくようです。

赤ニキビに関しては、割と即効性があるようですね。赤ニキビの炎症を抑えて治しておくことで、黄色ニキビなどもっとニキビが重症化するのを防いでくれていると思います。

白ニキビには効かない?

一方、オロナインは効かないという声もありました。

よくよく調べてみると、ニキビの初期症状である白ニキビにはあまり効果を発揮していないという口コミが多いです。

脂性肌のニキビには効かない?

オロナインを使ってみたけれど、効果がなかったという人の傾向として、脂性肌タイプのニキビがあげられます。

これはどうやら、オロナインに含まれる油分が原因のようです。

オロナインの添加物として、オリブ油が含まれています。使用する量にもよるかもしれませんが、皮脂に加えて油分が含まれる軟膏を塗ることでニキビが悪化することも考えられます。

オロナインは肌の乾燥を防ぐ効果もあることから、フェイスクリーム代わりに使用している人もいるのだとか。

オイル入りのオロナインは、脂性肌の人には向かないといえるでしょう。

同じ理由で、10代のオイリー気味のニキビにもあまり効果が期待できないかもしれません。

また、背中など皮脂量の多い部位にも向きません。ベタベタするので使い勝手もよくないでしょう。

オロナインが向くのは、普通肌~乾燥肌の赤ニキビ

まとめると、オロナインが効果を発揮してくれるのは、普通肌から乾燥肌の人の赤ニキビということになりそうです。

オロナインに含まれる油分やワセリンやグリセリンなどが、肌の乾燥を防いでくれるためニキビの治りも早いようです。

乾燥タイプのニキビには効果を発揮してくれそうですよ。

オロナインの使い方

洗顔などをして、ニキビのある部分を清潔にしてからオロナインを適量つけます。

手でつける場合は、手をよく洗ってからつけましょう。

オロナインパックという方法もあるそうで、オロナインを塗って絆創膏を貼り一晩寝るとだいぶニキビが改善しているそうです。

寝ているうちに、寝具でニキビをこすってしまうこともないのでこの方法は効きそうですね。

オロナインについては、あまり効果がないという人もいるものの、肌にはとてもやさしいため荒れることはほとんどないようです。

赤ニキビができちゃった!早く治したい!という時は、試してみる価値はあると思います。

むしろ塗り薬なので、コスメよりも治す力はあるはず。値段も安く、傷ができた時にも使えるので1つ持っていると重宝しそうです。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP