持ちがいい分リスクが高い?FGF治療

シワやほうれい線に悩む人が最終的に選択するのが美容整形です。
昔はメスを肌に入れる整形が主流でしたが、今はプチ整形をする人がほとんどのようです。
シワやほうれい線、目の下のくぼみなどの治療では、ヒアルロン酸やボトックス注射をはじめとしたプチ整形はお手軽なため、エステ感覚ではじめる人も多いのだとか。
ニキビ治療でもこのようなプチ整形で、ニキビ跡のクレーターを治療する方法があります。
それが「FGF治療」です。

・FGF治療とは?

FGF治療とは、もともと体内にあるタンパク質の一種である「線維芽細胞増殖因子」を使った美容治療法です。
このFGFを注入すると、線維芽細胞が増えて気になる部分がふっくらする効果があるそうです。
FGF治療はコラーゲンの生成を促進してくれる効果も期待できることや、持続性があることもメリット。
シワやほうれい線、目のくぼみなどに入れることで、シワを目立たなくさせて影のない若々しい肌になれるのだとか。
顔だけでなく、手の甲にも対応しているそうです!
ニキビ跡のクレーターの凹みにこのFGFを注入すると、凹みがふっくらしてクレーターが目立たなくなります。
もともと体内にある物質なため、安全性が高いと言われており、何をやってもダメだったクレーターの悩みを解決してくれると注目が集まっています。
ニキビ治療の場合は、1カ所約2〜4万円くらいが相場のようです。

・FGF治療の流れ

FGF治療は、ヒアルロン酸注入やボトックス注射のように注射を使います。
施術時間はだいたい10分から20分程度ですが、事前に施術する場所の確認などのためにカウンセリングの時間があります。
治療の流れは以下のようになります。
・カウンセリングと施術内容の説明など。
・クレンジング、洗顔。
・局部麻酔や笑気麻酔を行う。
・FGFの注入。
施術後は、すぐメイクすることが可能です。
施術当日の洗顔や入浴もOKですが、あまり温まりすぎると赤みや腫れなどのトラブルがおきやすくなるので、入浴するならシャワー程度にした方が無難でしょう。

・気になるダウンタイムは?

施術後にすぐメイクできることもあり、比較的外観のダメージは少ないようですが、腫れや赤みなどは出やすいようです。
ダウンタイムは本当に個人差があり、実際に打ってみないとわからないことも多いようですね。
もし腫れていても、大半の人が2〜3日で腫れは引くようです。
大事をとって、施術直後のイベントは避けた方がいいかもしれません。
ただ他の施術方法も、メイクをしばらくできないものもあるので、施術直後からすぐメイクできるというのはメリットでしょう。

・FGF治療は失敗することもある?

どんな治療にもリスクはつきものですが、FGF治療の場合はどうでしょうか?
FGF治療での失敗例として多いのが、FGFを注入したら思った以上に膨らみすぎるというものでした。
FGFがどれくらい反応してくれるかはなかなか見極めるのが難しいのかもしれませんね。
膨らみすぎを防ぐには、欲張らずに数回に分けて少しずつ注入していく方法が一番のようです。
FGF治療は一度FGFを注入すると長期間長持ちすることがメリット。
ヒアルロン酸は半年程度しか持たないと言われていますが、FGFは3年くらい持つこともあるのだとか。
ということは、もし失敗して膨らみすぎてしまったらしぼむまで時間がかかってしまう可能性もありそうです。
やはり、一度にたくさん入れるのではなく、少量ずつ注入する方法を選択した方がいいようですね。

FGF治療を考えるなら、実績のある先生のいるクリニックで施術してもらうようにしましょう。
また、FGF治療のいいところばかり言い、あまりリスクのことを話してくれない先生はやめた方がいいかもしれないですね。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP