ニキビにいいサプリメントって?

ニキビを治すには、スキンケアをはじめとした外からのケアだけでなく、栄養バランスを考えた食事や規則正しい生活をするなどの内面からのケアも大切ですね。
しかし、学校や仕事、遊びや付き合いなど、なかなか規則正しい生活が難しいこともありますね。
好き嫌いの多い人や、油っこいもの、甘いものが好きな人も多いでしょう。
また、バランスのいい食事を考えても、意外と野菜やミネラル不足になりがちです。
外食で野菜をたっぷり食べたつもりでも、野菜の栄養はまだまだ不十分なことも多いのだそうですよ。
こういう時に、野菜不足、ミネラル不足を補ってくれるのがサプリメントですね。
特に美容系のサプリメントは人気があり、コラーゲンやプラセンタ、ビタミンなどいろんな種類が出ています。
ニキビ対策にこうしたサプリメントを使うことで、食事で補えないビタミンやミネラルを補充してみるといいですね。

ではニキビにはどういった成分を摂取するといいんでしょうか?

・ビタミンならB2・B6、C、乳酸菌がおすすめ!

たくさんの種類があるビタミンですが、ニキビを解消する効果があると言われているのが、ビタミンB2・B6、Cです。
また、腸内環境を整えてくれる乳酸菌サプリもおすすめです。
ビタミンB2・B6、Cは、ビタミン系のサプリメントにもよく含まれている成分です。
乳酸菌は、ヨーグルトや漬物、納豆にも含まれ、整腸剤にも入っていますね。
これらにはどんな効果があるのか、それぞれ説明しますね。
・ビタミンB2
肌や髪の肌トラブルに有効なビタミンの代表的存在。
糖分や脂肪分をエネルギーに変えるため、ダイエットにもいいビタミンと言われています。
意外にも、肉類や卵、牛乳などにたくさん含まれており、中でもレバーにはビタミンB2がたっぷり!
ダイエットや肌荒れを考えて肉や魚を食べないと、ビタミンB2が不足してしまうこともあるので気を付けたいですね。
1日に1.2mg程度摂取することを推奨されています。
・ビタミンB6
たんぱく質の代謝を助ける働きがあり、正常な肌を作り出すためには必要なビタミンです。
また、女性が悩みがちな月経前症候群(PMS)の症状を和らげてくれる効果も。
ホルモンバランスが崩れることでおきるニキビ対策にもなります。
肝機能をアップさせてくれるので、肌の乾燥にも。
ただし摂り過ぎると、逆にニキビができやすくなるという声も。
摂取する時は、サプリに含まれる量をチェックするようにしたいですね。
ビタミンB6は、レバーや青魚、卵、大豆、バナナなどに多く含まれています。
1日に1.2mg摂取することを推奨されています。
・ビタミンC
ニキビケアといえばビタミンC!
抗酸化力があり、炎症や酸化した皮脂を正常にしてくれる作用があります。
またコラーゲンを補助してくれるので、正常な肌を作るためには必要なビタミンといえるでしょう。
そしてニキビ跡や色素沈着にも効果が期待できます。
ニキビ跡がなかなか治らない、という時に摂取したい成分ですね。
ビタミンCは柑橘系の果物や野菜、牛肉、豚肉、レバーなどに多く含まれています。
1日に100mgは摂取したい成分と言われています。
・乳酸菌
乳酸菌にもいろいろな種類があり、腸までしっかり届いた乳酸菌は、腸内環境を整えてくれます。
便秘などになりやすい人は、うまく体外に老廃物が排出されないので、血液に乗って肌から異物を出そうとします。
これがニキビになる原因。
乳酸菌が多く含まれるのはヨーグルトや漬物などがありますが、ヨーグルトは体の冷えを招くためたくさん食べるのはなるべく控えたいですね。
そうなると、サプリメントを使用するのが一番近道で手軽といえるでしょう。

次回は、ニキビ対策におすすめのサプリメントをご紹介していこうと思います。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP