いい匂いのアレがニキビの原因?!

顔だけでなく、体にもニキビができていてツライ・・・という人、結構多いですね。
顔は丁寧にケアしても、体は結構ごしごし洗ってしまっている人も少なくなく、頑張って洗っているのにちっともニキビが改善しないケースです。
ニキビアイテムのどれを使っても治らない、という人は、肌に触れるものに気を付けてみてはどうでしょう。

肌に触れるものといったら、下着や服、寝具、タオル類などがあげられます。
肌が敏感な人は、人工繊維全体が苦手という人もいますね。
でもコットンかシルクといった天然素材を選んでも、ニキビができたり痒みや赤みで悩む人も。
そういう人は、一度洗剤や柔軟剤を見直してみましょう。

・柔軟剤がニキビの原因?

柔軟剤は、名前の通り服やタオル、シーツなどの繊維を柔らかくして肌触りをよくさせる効果があります。
今は、いい匂いの柔軟剤が人気ですね。
国産だけでなく、海外産の柔軟剤はいろんな香りがあり、香りを楽しんでいる人が多いようです。
個人的には、柔軟剤のあの強烈な人工的な香りが苦手。
なので私は洗濯はごく普通の洗剤を使用していますが、柔軟剤は使っていません。

この柔軟剤、洗剤で洗った後に使用するわけですが、シャンプーのあとのリンスのように、洗濯物の表面に香りとともに残ります。
これが肌荒れの犯人となってしまうんですね。
洗剤はよくすすぎをするのに、柔軟剤はあまり洗い流さないことが多くないですか?
これでは異物を服につけたまま。
それを着るわけですから、肌トラブルがおこるのは当然といえば当然かもしれません。

・柔軟剤代わりになるのはあの身近なアレ

肌あれしたり、匂いが気に入らなくて柔軟剤を止めたら、洗濯ものがゴワゴワになってしまい、結局また柔軟剤に戻ってしまう人もいるみたいですね。
家族に不評だから仕方なく、という人も。

それなら、洗濯ものを柔軟剤を入れずにふわふわに仕上げる方法があります。
それは、身近な調味料などを使った方法。
柔軟剤のようにいい香りにはなりませんが、香りを付けたいならエッセンシャルオイルを加える方法もあるので試してみましょう!

・重曹

食品としても使われる重曹。
食用は高いですが、掃除用の重曹はたっぷり入って千円未満で買えるものも多いです。
重曹は柔軟剤代わりになります。
水量30リットルに対し、60gを柔軟剤を入れるところにセットすればOK。
ちなみに、軽い汚れなら重曹だけで洗濯することも可能。

・酢

合成洗剤を使っている場合は使えませんが、粉石けん、液体石けんで洗濯している場合に使用します。
気になる酢の酸っぱい匂いですが、干してしまえばあまり気にならないのだとか。
酢を入れることで、生乾きの匂いも防げるそうです。
水量30リットルに対し、酢20mlを洗濯機の柔軟剤を入れるところにセットすればOK。

・クエン酸

酢と同様に、粉石けんや液体石けん向け。
酢は部屋干ししていると酸っぱい匂いがしてしまうこともあるようですが、クエン酸は無臭なので部屋干しする人にいいでしょう。
水量30リットルに対し、小さじ1弱くらいが適量です。

・洗剤は見直さなくていいの?

洗剤は柔軟剤と違い、洗いの後にすすぎをよくしますよね。
だから柔軟剤ほど神経質にならなくていいと思います。
ただ、せっかく口に入れても安全な酢やクエン酸を使いたいなら、粉石けんや液体石けんを洗剤として使う方がいいですよね。

普通の合成洗剤を使う場合は、溶け残しにも気を付けましょう。
溶け残しがでるのは、洗濯水や洗濯物の量に対し洗剤の量が多すぎたり、洗濯時間、すすぎ時間が短い可能性もあります。
もし洗剤の溶け残りがあるなら、一度洗剤をお湯などで溶かしてから使ったり、液体タイプの洗剤を使うようにしましょう。

せっかくシーツや枕カバーを毎日替えても、洗剤や柔軟剤のせいでニキビができやすくなったり悪化しては本末転倒。
頑張ってニキビ対策しているのにニキビが治らない、という人は、洗濯洗剤や柔軟剤を見直してみるといいですね。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP