マスクがニキビを悪化させる?

冬から春にかけてマスクをする人がぐっと増えますね。
マスクは風邪やインフルエンザの予防、花粉症、黄砂対策として使う人が多いですが、最近は10〜20代の間でマスクのヘビーユーザーが増えているそうです。
なんとなく気持ちはわかる気がしますね。
マスクをすると美人度が上がるとも言われていますから。
また、ざわちんもマスク人気の一端を担っていると思います。
メイクがメンドクサイ、という時もマスクは重宝します。
あんまり人に見られたくない日や気分が乗らない日も、マスクがあるとヘアスタイルやメイクを頑張らなくていいので楽なんですよね。
ニキビ隠しや肌荒れの時も、マスクは役立ってくれます。
口元を隠してくれるので、顔から下のニキビをうまくカモフラージュできてかなり便利!

でもこのマスク、実はニキビや肌あれには悪影響なんです。
それはなぜでしょうか?

・マスクの刺激でニキビが悪化?

マスクをしていると、肌のどこかはマスクが触れることになります。
それだけならまだいいのですが、顔や首を動かすことでマスクが動きます。
この時に、マスクが触れている部分がこすれて肌を刺激してしまうのです。

多くの人が使っているマスクといえば、使い捨てのプリーツマスクではないでしょうか。
プリーツマスクの素材は不織布であることが多いですね。
この不織布は人工繊維でできています。
柔らかそうな印象がありますが、肌をこすると痒みを感じる人が多いようです。

私も花粉症なので、春は使い捨てのプリーツマスクは外出時に必ずつけています。
でもマスクのフチの部分がこすれて痒くなることが結構多いです。
ひどい人になると、赤みがでたりその場所にニキビがあると悪化してしまうこともあるそうです。

・マスクの中は蒸し風呂状態?

乾燥する冬はマスクで喉を保護する人もいますね。
マスクをすることで口や喉が渇くことを防止してくれる効果があります。
しかしニキビ肌にはなかなか過酷な状況。
温かく吐く息のお蔭で、マスク内はかなりの高湿度となります。
乾燥タイプのニキビには湿度が高い方がいいのでは?と思いがちですが、マスク内は密室状態になるので、雑菌が繁殖しやすいのです。
ニキビができているということは、アクネ菌をはじめとした雑菌がすでに肌内にいます。
こうした雑菌を繁殖しやすい環境を作ってしまうので、ニキビがある時はマスクはあまりよくないんですね

・ニキビがある時はマスクはNGなの?

アレルギーがニキビを引き起こすことがあります。
私は花粉症の症状がひどい時にニキビがよくできた経験があるので、マスクがニキビによくないと知っても、春はマスクをつけないのは厳しいです。

ニキビがある場合、どうしてもマスクをしたいなら、肌にやさしいマスクを選ぶことでニキビの悪化を防ぐことは可能です
例えば、マスクは大き目のものを選ぶこと。
ニキビができている場所になるべくマスクのフチが当たらない形のものを選びましょう。
素材はガーゼなどを選び、合成繊維を避けるようにするともっといいですね。

また、雑菌の繁殖を抑えるためにこまめにマスクを取り替えるようにしましょう
時々、マスクを外してマスク内の空気を入れ替えることで湿度の上がりすぎを防ぐこともできるので、ぜひ実践してみてください。

マスクの素材が肌に合わない敏感肌の人は、荒れにくい素材をマスクの中に入れるという方法もあります。
私がいつもやっているマスク対策ですが、ティッシュにエッセンシャルオイルを1滴垂らしてからマスクと肌の間にティッシュをはさみます。
エッセンシャルオイルはユーカリを使っています。
ほんの1滴でかなり匂いが強いので、直接肌に触れないように折り込みます。
ユーカリは菌の繁殖を抑えるだけでなく、花粉症の症状を抑える効果もあるんですよ。
他にも雑菌の繁殖を防げるエッセンシャルオイルはいろいろあるので、好みの香りをチョイスしてみるのもいいですよ。
使う場合は、オイルが肌に触れないように注意してくださいね!

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP