えっ!このニキビの原因ってカビだったの?

顔や体にできたニキビがなかなか治らないことって多いですよね。ニキビを治したくて、いろんなニキビ薬を使ったりゴシゴシ洗ったりしても一向によくならない場合、もしかしたらニキビと思っていたものは「カビ」が原因の「マラセチア毛包炎」かもしれません。

・カビがニキビを作る?

マラセチア毛包炎は、カビの一種でほとんどの人の肌に常在しているマラセチア真菌が増えすぎたことで起こります。
マラセチア毛包炎は、正確にはニキビではありませんが、ニキビに非常によく似ているためにニキビと勘違いする人が多いそうです。
そのために、ニキビケアを頑張りすぎて肌あれがもっとひどくしてしまう人も。

・ニキビとマラセチア毛包炎の違いとは?

ニキビはいわゆる「アクネ菌」が原因となるケースが多く、プクっと膨らんだ毛穴の中には皮脂や角質などが詰まった芯があるのが特徴です。
ニキビの場合は放っておいても治ることが多いですね(治ってもまた繰り返してニキビができるケースはありますが)

一方、マラセチア毛包炎の場合はブツブツの中に芯はなく、広範囲にわたって小さな吹き出物が広がっているのが特徴です。痒みや痛みなどはほとんどなく、ニキビのように悪化して変色したり大きくなることもありません。
その代わり、普通のケアではなかなか治らない厄介な症状といえます。

・マラセチア毛包炎ができるのはどこ?

マラセチア毛包炎ができやすいのは、背中や胸、肩などが多いようです
汗をかきやすく、皮脂が多く出やすい場所を中心にマラセチア真菌が増えやすいと言われています。
そういえば肌がきれいな友人が、夏に薄着になった時背中全体にブツブツがいっぱいあったのを見たことがありました。
その時は背中ニキビが意外と多いんだなと思いましたが、「何やっても治らないんだよね」と言っていたので、もしかしたらマラセチア毛包炎だったのかもしれないですね。

マラセチア毛包炎が最もできやすいのは背中。

背中は寝ている間に汗をかきやすく、マラセチア真菌が増えやすい環境が整ってしいます。
この菌は皮脂をエサにして増えていくので、普段から清潔にしておくことが大切です。

・カビによる顔ニキビは脂漏性皮膚炎かも?

マラセチア真菌が原因の皮膚炎は、体だけではありません。
頭皮や顔にできるものは「脂漏性皮膚炎」と呼ばれています。
脂漏性皮膚炎は、頭皮や顔にできる湿疹。
ニキビに似ていますが、これもニキビとは完全に別物です。
脂漏性皮膚炎になる原因は、マラセチア真菌が増えたり、マラセチア真菌が分解した物質の刺激によってアレルギーのような反応がおきることで発症します。
赤く炎症をおこした小さなニキビのようなものが額や頭皮に広範囲にできたら、脂漏性皮膚炎かもしれません。
脂漏性皮膚炎は痒みを感じる人もいれば、まったく感じない人もいるそうです。

・マラセチア毛包炎や脂漏性皮膚炎を治すには?

要はマラセチア真菌が増えないような環境を作ればいいわけですが、この皮膚炎になってしまったら自力で治すのは難しいです。
でもご安心を。皮膚科で外用抗真菌薬による治療を行えば、比較的簡単に治るのでまずは皮膚科で診てもらうといいでしょう

・生活環境を見直そう

頭皮や顔に脂漏性皮膚炎ができやすい人は、抗真菌対策できるシャンプーやコスメに変えると症状を抑える効果が期待できます。
身体にできるマラセチア毛包炎ができやすいなら、夜だけでなく朝もシャワーを浴びたり汗を吸いやすい素材の服を選ぶようにするといいでしょう。

またマラセチア毛包炎に負けない肌を作るために、ビタミン類(B6やB2など)を意識して摂取するのも有効です。

マラセチア毛包炎や脂漏性皮膚炎は、塗り薬の使用で比較的早く治りやすいです。
しかし、しばらくすると再発することも多い皮膚炎なのでなかなか厄介ですね。

再発を防ぐためには、患部をできるだけ清潔にしてマラセチア真菌を増やさないことが大切です。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP