便秘を手軽に治す時に食べたいものは?

便秘になると、お腹が痛いなどの深い症状が辛いですね。

それ以外にも、便が腸内に留まることで様々な毒素が発生し、それが体へ悪影響を与えてしまいます。
美容面ではニキビをはじめとした肌あれ、健康面では最悪大腸がんになる危険も!
便秘が慢性化する前に、きちんと対処しておきたいですね。

今回は、便秘によいとされる個人的なおすすめ食材をご紹介します。

・乳酸菌で腸内バランスを整えよう

まず注目したいのが、乳酸菌です。
乳酸菌は腸内バランスを整えたり、悪玉菌を抑えるなどの整腸作用があるので、なるべく積極的に摂取したいです。
乳酸菌の含まれる食品の代表といえばヨーグルト。健康のためによく食べている、という人も多いでしょう。

しかし、どうぜ食べるならきちんと腸まで生きて届く乳酸菌が入ったヨーグルトを選ぶのが得策です。
実は乳酸菌は胃に入った時に死滅しやすいんです。

死滅しないできちんと腸まで届く乳酸菌は、L21、ビフィズス菌SP株、シロタ株、ガゼリ菌SP株など。
これらの乳酸菌入りのヨーグルトは「腸まで届く」ことがパッケージに書かれていることが多いので、パッケージをよく見てこうした商品を選ぶと間違いがありません。

また、食べるタイミングも大切です。
乳酸菌を摂取するなら空腹時を避けて食後に食べる方がベター
胃酸が薄まっているタイミングで食べれば、元気な状態の乳酸菌が腸に届きやすくなります。

この他、植物性乳酸菌が豊富なキムチやザワークラウトもおすすめです。
特にザワークラウトは作り方が簡単な上に、保存もできるのでたくさん作っておいて毎日食べるといいでしょう。
キャベツは胃腸を整える効果もあり、乳酸菌とのダブル効果も期待できますね。

・オリゴ糖で乳酸菌をサポート

乳酸菌のエサとなり、乳酸菌を手助けしてくれるのがオリゴ糖です。
オリゴ糖を含むのが、白米、蜂蜜、きなこ、バナナといったおうちによくある食材。
ヨーグルト+バナナ+蜂蜜の組み合わせは最強かもしれません!

・腸マッサージで便通をスムーズに

お腹をマッサージすることで、便通を促進することも可能です。
「腸活」や「腸もみ」など、一時期話題になりましたね。
いろいろテクニックがあるので、覚えるのもやるのも面倒くさい!という人には以下の方法がシンプルで続けやすいです。
それは、お風呂でおへその下に手を置き、時計回りにマッサージするというもの。
半身浴の時のように、お湯は浅めにして心臓に負担がかからないように温めのお風呂で15分くらいを目途にしてください。

・いろいろ試したけど治らない!という場合は、便秘薬も使ってみよう

何をやっても便秘が治らない、という場合は、便秘薬に頼ってみるのもいいでしょう。
ただ便秘薬はとても種類が多く、どれがいいのかわかりませんよね。
できれば薬剤師さんに自分の症状を話して、適切な便秘薬を選んでもらうのがベストですが、便秘だというのを話すのが恥ずかしいという人は以下のお薬を参考に。

・・3Aマグネシア(フジックス)、スラーリア(ロート製薬)
便秘薬にありがちな、お腹の痛みがほとんどない便秘薬です。
効き目も早いため、すぐ便秘を解消したい時や外出の予定のない休日に試してみるとよさそう。

・・ルーメア(新新薬品)
便秘だけでなく、肌荒れにも効果のある成分を含んだ便秘薬です。
寝る前に飲むと、自然なお通じを感じやすいタイプ。

・・新コッコアポA錠(クラシエ)
漢方配合の便秘薬。
ダイエットやむくみ防止にもなる成分が配合されています。

この他、便秘に有効な健康茶を飲む方法も。

便秘は、トイレを我慢することで起こることも多いですね。
学校や会社の日は、なかなか希望通りのタイミングでトイレに行くのが難しいものです。
それなら、トイレの行く時間帯に毎日定期的にお通じが出る習慣をつけたいですね。

便秘薬に頼らず、食べ物や生活習慣を見直して便秘を防ぎ、ニキビもついでに治してしまいましょう。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP