お酒を飲むとニキビが悪化するってほんと?

タバコとともに、依存性が強い嗜好品といえばお酒。
タバコよりもお酒をたしなむ人は多く、大人なら夕食時に飲むのが普通になっている人も多いですね。
タバコは「百害あって一利なし」と言われていますが、お酒は「百薬の長」とも言い、飲むこと自体はそれほど体に悪くないというイメージがあります。

しかしビール腹とかアルコール依存症、肝臓がんなど、体に負担をかけてしまう面もありますね。
お酒は「太りそう」な印象があり、ニキビにもよくなさそうに見えますが、実際はどうなんでしょうか?

・お酒の糖質がニキビを増やす!

お酒はたくさん飲める人がいる一方、まったく受け付けない人もいますね。
お酒が好きな女性も多く、一日の〆に飲むのが習慣になっている人も多いようです。
こうした飲む習慣でニキビをはじめとした肌荒れをおこしてしまう人も少なくありません。

一番気になるのが、お酒に含まれている「糖質」です。
特に、ビールや日本酒、チューハイ、ワインなどは好きな人が多いお酒ですが、これらのお酒にはたっぷり糖質が含まれています。
糖質は体を錆びさせる「糖化」現象の引き金になりやすく、肌の衰えを招いてしまいます。
それだけではありません。
糖質の一部はやがて皮脂分泌を促進してしまうので、肌が弱くなる上に皮脂量が増えてしまうので、当然ニキビが増えやすい状況を作ってしまうのです!

・ニキビの炎症がひどくなる!

肌に炎症がある場合は、肌を冷やすことで炎症を抑えることができます。
しかし、お酒を飲んでしまうと血行がよくなり体温も上昇。
炎症がひどくなることで、ニキビが悪化しやすくなってしまうので注意したいですね。

・肝機能が低下してニキビができやすくなる!

アルコールを飲むことで、肝臓にかなり負担がかかってしまいます。
アルコールを分解するのに懸命で、血液の浄化が追い付かず肌が荒れやすくなる原因に。
飲みすぎはニキビだけでなく体調にもよくないので、飲みすぎないようにしましょう。

・ビタミンB群が不足状態に!

アルコールを分解するために必要な栄養素のひとつがビタミンB群。
このビタミンB群は、肌のターンオーバーを促進したり皮脂の分泌を抑える効果があります。
しかしビタミンB群がアルコールを分解されるために使われてしまうことで、ニキビが悪化しやすくなります。

・外飲みがニキビの原因に!

1杯飲んでさくっと帰宅できればいいですが、「飲み放題だったから飲みすぎた」とか「飲み会が楽しくて帰宅が午前様になった」、「二次会、三次会まで参加してしまった」なんてことありますよね。
こうなると、体に負担がかかるだけでなく美容にもよくありません。
睡眠時間が足りなくなったり、肌のお手入れがほとんどできない状態で寝てしまうこともあるでしょう。
中には、欠席できない飲み会がストレスになる人も。

こうしたことがニキビが悪化する原因のひとつになってしまいます。

・飲むなら飲みすぎないことが大切

先に書いた通り、飲みすぎることで肝臓にかなり負担をかけてしまいます。
ニキビだけでなく、翌日一日が台無しになってしまうこともあるので、ほどほどに飲むようにぐっと我慢することも大切。

また、飲む時の食べ物を選べるなら次のような食材やメニューを参考に。
・・飲む前にオリーブオイルをスプーン1杯飲む(二日酔い防止)、無理ならドレッシングのかかったサラダを食べる。緑茶を飲んでもOK。
・・ビタミンB群を含む食材をチョイス(焼き鳥ならレバー、おつまみなら枝豆、メインは肉系、その他玄米など)
・・アルコールの分解、代謝を促進するメニュー(貝類、イカ、タコ、ナッツ、ごま、カレー)を選ぶ。
・・飲んだあとはたっぷり水分補給する。寝る前にも飲むこと。

少量なら、ストレス解消や血行促進に役立ってくれるお酒。
毎日飲んでいて、肌荒れする、ニキビができるという人は、休肝日を週1日でも作ったり、ノンアルコールで代用したりして肝臓を休ませてあげるといいですね。

最近の記事

  1. ニキビ跡は、すぐにはよくならないものの、時間とともに治っていくものが大半ですね。しかし、化膿して…
  2. ニキビはアクネ菌やばい菌が大量に発生して炎症をおこしていきます。ニキビを治すには、このアクネ菌や…
  3. ニキビができると、とにかく早く治したくなりますよね。ニキビを早く治すためには、理屈では中の芯や毛…
  4. 結婚が決まり結婚式場も押えた、そしてドレスを選びに行ったら、鏡に映る背中のニキビやニキビ跡にギョっと…
  5. ニキビがある上に、顔がむくみやすかったり顔色が悪い・・・冴えない肌はメイクのりもよくないので憂鬱にな…
  6. ニキビができている時は、食べ物にも気を付けたいものですね。でも、よく食べるものや好きな食べ物がニ…
  7. ニキビができると、つい気になってお手入れしすぎたり、触ったりしてしまいますよね。こうした行為が、…
PAGE TOP